「幼な子われらに生まれ」初日、浅野忠信が「事件を起こさない役をやりたかった」

679

幼な子われらに生まれ」の初日舞台挨拶が、本日8月26日に東京・テアトル新宿にて行われ、キャストの浅野忠信田中麗奈宮藤官九郎南沙良鎌田らい樹新井美羽、監督の三島有紀子が登壇した。

「幼な子われらに生まれ」初日舞台挨拶の様子。

「幼な子われらに生まれ」初日舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全14件)

「幼な子われらに生まれ」初日舞台挨拶の様子。

「幼な子われらに生まれ」初日舞台挨拶の様子。[拡大]

重松清の小説をもとにした本作は、バツイチ子持ちで再婚した44歳のサラリーマン・田中信が、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれる命を巡って成長していく姿を描いた人間ドラマ。浅野が信、田中が信の現在の妻・奈苗を演じた。

浅野忠信

浅野忠信[拡大]

三島は「今までも誠心誠意映画を作ってきたんですが、この作品はとっても特別で初めて映画を作る心持ちで挑んだ。20年前に『Helpless』を観たときに浅野忠信さんを撮りたいなと思ったので、現場で今かけがえのない時間を過ごしているんだなと思った瞬間がありました」と思いを語る。本作が、第41回モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門に出品されることについて「選んでくださった方がおっしゃってくださったんですけど、『ファーストカットに恋をして、観るうちにだんだん好きになって最後すごく好きになった』と言ってもらえた。それは、皆さんのお芝居が素晴らしかったということだと思うのですごくうれしいです」と喜んだ。

田中麗奈

田中麗奈[拡大]

浅野は「僕はいつもクセのある役が多くて、何も事件を起こさない役をやりたかったんですよね」と笑い、「今40代の自分が経験してきたことを素直にぶつけられる役が、この信だった。脚本が本当に面白かったのでやるしかないなと思いましたね」と述べた。田中が「いろんなことが刺激的な現場で、バイオレンスな宮藤官九郎さんと久しぶりの再会をして。誕生日の日に殴ったり蹴られたりDVを受けて、刺激的な誕生日プレゼントをいただきました」と述懐すると、奈苗にDVを振るう元夫・沢田役を演じた宮藤は「すいませんでした……。スタッフの皆さんが田中さんにケーキを用意してくれて、『おめでとうございます!』って雰囲気の中で……気持ちよかったです」と話して、観客を笑わせた。

宮藤官九郎

宮藤官九郎[拡大]

今までやった役とは違って難しかったという田中は「カラオケで発散するシーンがあるんですけど、『悲しみの果て』でシャウトするのがすごく気持ちよくて。主婦の方たちも強さを隠し持ってて、自分で発散するところがあるのかなと役をやりながら想像したのが楽しい経験でした」と振り返る。本作を「年頃なんでうちの娘にはまだ見せられない」と言う宮藤は、自身が演じた沢田について「あの人もまさか最初からああいう人だったわけじゃないと思うんですよね。ちょっとはいいとこあるだろ俺も、って思いながら演じました」とコメントした。

監督の三島有紀子。

監督の三島有紀子。[拡大]

最後に三島は「この映画の英語のタイトルは『DEAR ETRANGER』"親愛なる異質な人”と名付けました。周りにいる異質な人たちと化学反応を起こしていって、いろんなことを感じるのが生きていくっていうことなのかなと思っています」とメッセージを伝え、イベントの幕を引いた。

この記事の画像(全14件)

関連記事

浅野忠信のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 幼な子われらに生まれ / 浅野忠信 / 田中麗奈 / 宮藤官九郎 / 南沙良 / 鎌田らい樹 / 新井美羽 / 三島有紀子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。