映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

おおさかシネマフェスティバルで「かの鳥」が3冠、菅田将暉と桐谷健太はW受賞

429

3月4日に開催される、おおさかシネマフェスティバル2018。このたび、2017年度の個人賞およびベストテンが発表された。

年間200本以上を鑑賞した関西の映画ファンによる投票をもとに、選考会を開き決定される個人賞とベストテン。今回は2017年1月から12月20日までに関西圏で公開された映画を対象に審査が行われた。

日本映画作品賞を獲得したのは、大阪を中心に関西でロケが行われた「彼女がその名を知らない鳥たち」。同作でメガホンを取った白石和彌が監督賞、キャストの蒼井優が主演女優賞を受賞した。また、「火花」でダブル主演を務めた菅田将暉桐谷健太の2人が、それぞれ「あゝ、荒野」「帝一の國」、「ビジランテ」での演技も評価され主演男優賞に。助演男優賞は「あゝ、荒野」のユースケ・サンタマリア、助演女優賞は「幼な子われらに生まれ」の田中麗奈に贈られる。

新人男優賞は「君の膵臓をたべたい」の北村匠海、新人女優賞は「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石橋静河が獲得。新人監督賞は「ハローグッバイ」の菊地健雄、脚本賞は「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石井裕也が受賞した。また外国映画部門では「ラ・ラ・ランド」が作品賞に選ばれ、「メッセージ」のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督賞に輝いた。

表彰式は大阪・ホテルエルセラーン大阪にて開催。白石、桐谷、田中、ユースケ、石橋、北村らが参加する予定で、司会を浜村淳が務める。さらに「ハローグッバイ」「彼女がその名を知らない鳥たち」の上映も。なおチケットの一般販売は2月3日10時よりチケットぴあにてスタートする。

おおさかシネマフェスティバル2018

日本映画 個人賞

主演男優賞

菅田将暉(「火花」「あゝ、荒野」「帝一の國」)
桐谷健太(「火花」「ビジランテ」)

主演女優賞

蒼井優(「彼女がその名を知らない鳥たち」)

助演男優賞

ユースケ・サンタマリア(「あゝ、荒野」)

助演女優賞

田中麗奈(「幼な子われらに生まれ」)

新人男優賞

北村匠海(「君の膵臓をたべたい」)

新人女優賞

石橋静河(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)

監督賞

白石和彌(「彼女がその名を知らない鳥たち」)

脚本賞

石井裕也(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)

撮影賞

大塚亮(「幼な子われらに生まれ」)

音楽賞

渡辺シュンスケ(「ハローグッバイ」)

新人監督賞

菊地健雄(「ハローグッバイ」)

特別賞

「月夜釜合戦」

外国映画 個人賞

監督賞

ドゥニ・ヴィルヌーヴ(「メッセージ」)

主演男優賞

ケイシー・アフレック(「マンチェスター・バイ・ザ・シー」)

主演女優賞

エマ・ストーン(「ラ・ラ・ランド」)

助演男優賞

アーロン・テイラー=ジョンソン(「ノクターナル・アニマルズ」)

助演女優賞

オクタヴィア・スペンサー(「ドリーム」)

日本映画 2017年度ベストテン

作品賞

「彼女がその名を知らない鳥たち」

01. 「彼女がその名を知らない鳥たち」
02. 「あゝ、荒野」
03. 「三度目の殺人
04. 「火花」
05. 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」
06. 「愚行録
07. 「エルネスト
08. 「彼女の人生は間違いじゃない
09. 「3月のライオン」
10. 「散歩する侵略者

外国映画 2017年度ベストテン

作品賞

「ラ・ラ・ランド」

01. 「ラ・ラ・ランド」
02. 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
03. 「ドリーム」
04. 「パターソン
05. 「ダンケルク
06. 「ベイビー・ドライバー
07. 「メッセージ」
08. 「わたしは、ダニエル・ブレイク
09. 「ブレードランナー 2049
10. 「セールスマン

映画ナタリーをフォロー