映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

中村倫也、佐々木希ら「星ガ丘ワンダーランド」モントリオール映画祭出品に喜びの声

62

「星ガ丘ワンダーランド」 (c)2015「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会

「星ガ丘ワンダーランド」 (c)2015「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会

2016年公開予定の「星ガ丘ワンダーランド」が、第39回モントリオール世界映画祭ファーストフィルム・ワールドコンペティション長編部門に正式招待されることが決定した。

モントリオール世界映画祭はカナダで開かれる国際映画祭で、今年は現地時間8月27日から9月7日まで開催される。ファースト・フィルム・ワールド・コンペティションは初監督作品のみが選出される部門で、今回は同作のほかに、瀬々敬久、黒沢清らの助監督を務めてきた菊地健雄のデビュー作「ディアーディアー」、プロカメラマン・壱岐紀仁がクラウドファンディングで資金を募り制作した「ねぼけ」が日本から出品されることになった。

「星ガ丘ワンダーランド」は、CMディレクター柳沢翔の映画監督デビュー作。星ガ丘駅の落とし物預かり所で働く青年・温人の人生が、母親の自殺をきっかけに少しずつ変化していくさまをミステリータッチで描く。温人を「やるっきゃ騎士」の中村倫也、温人の母を木村佳乃が演じ、ヒロイン・清川七海には佐々木希が扮する。

中村倫也 コメント

「日本映画を世界へ」が、自分の目標であり、夢のひとつでした。
今回、「星ガ丘ワンダーランド」がモントリオール国際映画祭に参加できることを聞き、とても嬉しく、光栄に思っています。海外の方々がこの美しい作品をどう観るのか、どう受け取るのか。
僕自身、一映画ファンとして、楽しみにしています。

佐々木希 コメント

モントリオール国際映画祭正式招待おめでとうございます!
「星ガ丘ワンダーランド」という本当に素敵な作品に巡りあえ参加する事が出来たことを心から嬉しく幸せに思います。柳沢翔監督の演出、中村倫也さんのお芝居にたくさんの事を学びました。再びこのような素敵な作品に参加出来る様、日々精進したいと思います!

柳沢翔監督 コメント

連絡を受けた時、スタッフ、キャストの皆さんの顔が浮かびました。
みんな、やったよ!! 叫びたくなりました。彼らと一緒に作った作品が、沢山の方に観てもらえるチャンスを得た事が、本当に嬉しいです!!

映画ナタリーをフォロー