映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「やるっきゃ騎士」少子化を憂う中村倫也、舞台挨拶でスカートめくり

214

「やるっきゃ騎士」初日舞台挨拶で披露された“スカートめくりフォーメーション”。

「やるっきゃ騎士」初日舞台挨拶で披露された“スカートめくりフォーメーション”。

本日5月23日、東京・池袋シネマロサにて「やるっきゃ騎士」の初日舞台挨拶が行われ、メインキャストの中村倫也遠藤新菜柾木玲弥柳英里紗、そして監督の平林克理が登壇した。

「やるっきゃ騎士」は1980年代に月刊少年ジャンプで連載された、みやすのんきの学園マンガを実写化したエロティックコメディ。劇中衣装の学生服をまとって登場した中村は「僕28歳なんですよ」と悲しげな顔で訴えかける。続けてきついスケジュールとテンションの高い役柄に苦労したことを明かしつつ、「ずっとエッチなことを考えて自分を奮い立たせていました。麗しいレディたちのおパンティをたくさん見れたので、疲れは感じなかったです」と堂々と言い放つ。

「私は体型も“質素”なので」と気にしながらも、劇中で体を張った演技に挑戦しているヒロイン役の遠藤は、「新鮮な体験ばかりでした。スカートをめくられたり、お風呂……あ、ここは言わないほうがいいのかな」と意味ありげにほのめかす。主人公の親友役の柾木は「できあがった映像を観たら僕の鼻の穴が終始膨らんでいて、自分はこんなに興奮していたのかと……」と若干落ち込む様子を見せていた。

司会者から撮影時のエピソードについて聞かれると、中村は「監督はシャイな方なのに現場では『パンツを見せて!』『三角の布地が!』と叫んでいて。さらにすごいのは女性陣で、じゃんじゃんその布地を見せてくれたんですよ。その結果監督が一番照れてました」と話す。柳は「もう現場は部活のような感じで。スカートをめくられるシーンでも、こっちから『先輩、お願いします!』みたいな」とコメントし、中村や平林から尊敬の眼差しを向けられていた。

さらに出演者らは、必死に練習したという“スカートめくりフォーメーション”を披露。中村は真面目な顔で「マスコミの皆さん、今ですよ」と撮影を促し、その間ずっとスカートをめくられていた遠藤が「心が折れそう!」と悲鳴をあげる一幕も。

最後に中村が「この映画は草食系男子の増加や少子化といった問題に警鐘を鳴らす作品です。レンタルビデオ店では“社会派コーナー”に並ぶはず。皆さん、粛々とした気持ちで観てください」と淡々と語り、会場は爆笑に包まれた。

映画ナタリーをフォロー