ステージナタリー

井上芳雄、花總まり、和田正人、小松和重が大河ドラマ初出演

1222

「おんな城主 直虎」出演者発表会見の様子。上段左から尾上松也、春風亭昇太、菜々緒、阿部サダヲ。下段左から浅丘ルリ子、柴咲コウ、菅田将暉。

「おんな城主 直虎」出演者発表会見の様子。上段左から尾上松也、春風亭昇太、菜々緒、阿部サダヲ。下段左から浅丘ルリ子、柴咲コウ、菅田将暉。

井上芳雄花總まり、D-BOYSの和田正人、そして小松和重が、NHK大河ドラマに初出演。柴咲コウが主演する2017年度大河ドラマ「おんな城主 直虎」のキャストに名を連ねた。

男の名を名乗って城主となり、戦国を生き抜いた女・井伊直虎の激動の生涯を描く「おんな城主 直虎」。出演に際して4人はコメントを寄せ、小野政次の弟・小野玄蕃役を演じる井上は「人生初の大河ドラマで、人生初の時代劇! どちらもとても嬉しいです」と喜びを語った。瀬名の母・佐名役を務める花總は、「少し緊張しますが視聴者の方々の心に残る演技を目指して頑張りたいと思います」と意気込む。

謎の山伏・松下常慶役の和田は「素直さと、謙虚さと、感謝の気持ちと、そこにほんの少しの野心を添えて、大きな戦いに挑みたいと思います」と胸中を明かす。また小松は、菩提寺の僧・昊天役。「素直にうれしかったです。雄叫びをあげた自分がちょっと恥ずかしい。これでやっと、近所の皆さんに認めてもらえるような気がしますね」と感慨深げに語った。

このほか今川義元役で春風亭昇太、義元の嫡男・今川氏真役で尾上松也、義元の母・寿桂尼役で浅丘ルリ子、後の徳川家康となる竹千代役で阿部サダヲ、家康の正室・瀬名/築山殿役で菜々緒、井伊直親の嫡男・虎松/井伊直政役で菅田将暉、菩提寺の僧・傑山役で市原隼人、信濃から来た少女・高瀬役で高橋ひかるが出演することも発表に。本日7月12日には会見が行われ、柴咲、春風亭、尾上、浅丘、阿部、菜々緒、菅田が出席した。

尾上は「氏真は、時代劇ドラマの長い歴史の中でも今までフィーチャーされたことの少ない人物。今回はその氏真をかなり深いところまで、人生を追いたいと伺って、やりがいを感じました」と語り、「父が桶狭間の戦いで亡くなってしまってからというもの、突如家督を継いでいかなければいけない中で非常に精神的にも不安定になる時期があり、無残に人を殺める指示を出したりと、一時期はかなり悪役的な要素があります。激動の人生を歩んだ人物のようでありますので、わからないことがあれば(春風亭)昇太さんに伺ってですね。深くなるべく掘り下げていけたら」と役作りへの意気込みをコメントした。

阿部はこれまでに家康を演じてきた俳優について調べたといい、「びっくりするぐらい大御所の方ばっかりの中で、ただ1人だけ、カンニング竹山さんがやってるというので、少しホッとしてるところもあります(笑)」と笑わせつつ、「いわゆる皆さんが知っている徳川家康というよりは、結構若めの、あまり知られていない頃の(エピソード)もやったりするので、新しい徳川家康というのを見せていきたいなと思っています」と意欲を見せていた。

「おんな城主 直虎」は、2017年1月8日から1年間放送。9月にクランクインする予定だ。

※高橋ひかるの「高」は、はしごだかが正式表記。

井上芳雄コメント

人生初の大河ドラマで、人生初の時代劇! どちらもとても嬉しいです。小野玄蕃として、生きられるのを楽しみにしています。

花總まりコメント

このところは舞台中心でしたので、久々の映像のお仕事になります。しかも大河ドラマということで、少し緊張しますが視聴者の方々の心に残る演技を目指して頑張りたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

和田正人コメント

素直さと、謙虚さと、感謝の気持ちと、そこにほんの少しの野心を添えて、大きな戦いに挑みたいと思います。

小松和重コメント

素直にうれしかったです。雄叫びをあげた自分がちょっと恥ずかしい。これでやっと、近所の皆さんに認めてもらえるような気がしますね。

ステージナタリーをフォロー