音楽ナタリー

あまちゃん「暦の上では」歌っていたのはベイビーレイズ

1383

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の挿入歌「暦の上ではディセンバー」を歌っていたのがベイビーレイズであることが判明。同曲を収録したCDシングルが9月11日にベイビーレイズ名義でリリースされる。

「暦の上ではディセンバー」は、同ドラマに登場する架空のアイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」(通称:アメ女)が歌う、2009年にミリオンセラーを記録した大ヒット曲という設定のアイドルソング。作詞はドラマの脚本を担当した宮藤官九郎、作曲は大友良英、Sachiko M、江藤直子、高井康生の4人が手がけている。

この曲はすでに6月29日にアメ横女学園芸能コース名義で配信リリースされており、レコチョクでは配信初日にデイリーランキング首位を獲得。iTunes Storeでも1位を獲得するなど、ドラマ内のみならず現実でも老若男女から絶大な支持を得ている。

今回CDでリリースされる音源は、配信バージョンを新たにベイビーレイズのメンバーが歌い直したもの。シングルは「暦の上ではディセンバー(ベイビーレイズ振り付けVer.)」が収められたDVD付き仕様で販売される。

ベイビーレイズ コメント

大矢梨華子
初めてレコーディングしたときは「いつドラマで流れるんだろう?」とメンバーみんなでわくわくしてました。私も「あまちゃん」と「暦の上ではディセンバー」が大好きなので、あまちゃんのようにたくさんの方に愛されるように歌っていきたいです。

傳谷英里香
CD化のお話を聞いたとき「じぇじぇじぇ!」と思いました! 私たちが歌わせていただいた「暦の上ではディセンバー」が、ドラマ中に流れるということでも、とてもうれしかったのですが、このたび、CDを出せていただくということで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも大切に歌い続けたいと思います。

林愛夏
今回「暦の上ではディセンバー」をCDで出させていただけることになり、感謝と驚きの気持ちでいっぱいです。皆さまの期待に応えられるよう、全身全霊を尽くしたいと思います。

渡邊璃生
「暦の上ではディセンバー」は、レコーディングしたときから頭から離れなくて、お気に入りの曲だったので、CD化されるのがすごくうれしいです! ベイビーレイズをよろしくお願いします!

高見奈央
今話題のこの歌をCDに出せることがすごくうれしいです! 「あまちゃん」と「暦の上ではディセンバー」をこれからもよろしくお願いします★

※記事初出時より、シングルの発売日および仕様が変更になりました。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】