音楽ナタリー

ルイヴィトンが初音ミク衣装制作、渋谷慶一郎オペラに登場

4832

12月1日と2日に山口・山口情報芸術センターYCAMで行われる、渋谷慶一郎と演出家の岡田利規(チェルフィッチュ)による新作オペラ公演「THE END」に、ファッションブランドのルイ・ヴィトンが協力。オペラに登場する初音ミクの衣装を、ルイ・ヴィトンのアーティスティックディレクターであるマーク・ジェイコブスがデザインしたことが明らかになった。

「THE END」は歌手やオーケストラなどの生身の人間が一切登場せず、代わりにボーカロイドがアリアやレチタティーボを担当することで注目されているオペラ。映像およびキャラクターデザインをamazarashiのビデオクリップなどで知られる映像作家YKBX a.k.a Masaki Yokobe、舞台美術をOMAニューヨーク代表でもある建築家の重松象平が手がける。

作品中で初音ミクが着用する衣装は、マーク・ジェイコブスと彼のスタジオチームが2013年春夏コレクションを、初音ミクの体型や彼女が持つ独特の雰囲気に合わせてデザインしたオリジナル作品。幾何学的な世界をロマンチックに表現したこのコレクションは、ルイ・ヴィトンのシンボルであるモノグラムモチーフを初めて使用していない代わりに、多彩な色と素材で作られたさまざまな大きさの四角による市松模様のダミエ柄が使われている。

またバッグはルイ・ヴィトンの定番アイテムである「スピーディ」を再解釈したもので、オリジナルの形状をスクエアやキューブ型にアレンジ。靴は長いポインテッドで、アッパーにリボンをあしらい、ヒールはメタル製の長方形となっている。この衣装を実際に着た初音ミクの映像は「THE END」初演の来場者だけが目撃することが可能。なおチケットは既に全公演完売となっている。

※記事初出時より公演タイトルの表記方法に変更がありました。

音楽ナタリーをフォロー

  • >読者アンケート実施中