音楽ナタリー

しげるもデュークも指原も!ももクロ横アリ初日てんこ盛り

897

昨日4月21日、神奈川・横浜アリーナにてももいろクローバーZの2DAYSライブ「ももクロ春の一大事2012 横浜アリーナまさかの2DAYS」の1日目「ももクロ☆オールスターズ 2012」が開催された。

2日間で全く異なる内容のライブが繰り広げられる、今回の2DAYSライブ。初日の「ももクロ☆オールスターズ 2012」は、ゲストあり、各メンバーのソロあり、スペシャルユニットありのにぎやかなステージとなった。約1万1000人という集客人数は、ももクロ史上最大規模。さらには横浜アリーナに隣接するセンテニアルホールと全国の映画館でライブビューイングも実施され、会場外のファンも豪華絢爛なステージの一部始終を目撃した。

巨大スクリーンを使ったオープニングムービーが流れると、会場には1万1000人分の大歓声が鳴り響く。おなじみの入場曲「overture『ももいろクローバーZ参上!!』」に乗せて、ももクロはステージ後方から姿を現した。ライダースジャケット風の新衣装をまとった5人はまず、ライブ初披露となる「DNA狂詩曲」でお祭りの幕を開けた。冒頭の挨拶では、玉井詩織が「いいかお前らー! 2012年も私たちから目を離すなよ! お前らの思いを胸に今日は最高のステージを見せるぞー!」と白熱するファンたちをさらに煽り立てる。そしてリーダー百田夏菜子は「皆さんアレですよ、1日目だからって私たちが手を抜くと思ったら大間違いですからね! 2日目もあるけど今日は全力で盛り上がっていきますので、皆さんが手を抜いてたら置いてっちゃいますからねー!」と全力の応援を要求。ファンは色とりどりのペンライトを振りその声に応えた。

「BIONIC CHERRY」「労働讃歌」を挟んだ後は、今回の目玉のひとつであるソロコーナーへ。トップバッターを務めた玉井の歌は、松井五郎作詞、林哲司作曲による80'sテイストあふれるナンバー「涙目のアリス」。マイナー調でアダルトな雰囲気を持つこの曲は「都会の中の夜の孤独感」がテーマだという。ソロ2番手の高城れには、桜をバックに本格的なオリジナル演歌「津軽半島龍飛崎」をつややかに熱唱。和服姿のあでやかな動きと一部エキセントリックな歌詞が大きな波紋を呼んだ。続く佐々木彩夏の楽曲は、ソロ1作目「だって あーりんなんだもーん☆」の続編とも言える「あーりんは反抗期!」。「さーさき! おい!」のコールに「あーりんのこと佐々木って言うな!」とキレながら母親への反抗と愛情を歌った、あーりんならではのアッパーチューンだ。

そして有安杏果のソロでは、ゲストの在日ファンクが生演奏で参加した。有安はアフロヘアに墨塗りというファンキーな出で立ちで、浜野謙太書き下ろしのファンクナンバー「教育」をパワフルに歌い上げた後、ラップでハマケンとのビーフ(中傷合戦)を展開。有安はさらにアレクサンダー・ジョアンヌ(玉井)、ファッションセンター・シマムラ(高城)の2人を加えたユニット「マス寿司三人前」で、在日ファンクとともにTHE SUPREMESのカバー「恋はあせらず」を披露した。

ソロコーナーのトリを務めた百田夏菜子は、グループサウンズ界の大スター、ザ・ワイルドワンズと共演。ソロ曲「渚のラララ」は加瀬邦彦(G)が百田のために書いたオリジナルソングで、もちろんGSテイスト。なお、この5曲はライブ後半に披露されたユニット曲2曲と合わせ、会場および通販限定CD「ももクロ★オールスターズ2012」に収録されている。

次のコーナーの準備を進める間、ステージでは百田と佐々木がMCを担当。2人が話を続けていると、突然スクリーンに映像が映し出される。何も聞かされていなかった2人が見つめるスクリーンには、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記の姿が。ももクロ曰く「人類で最もゴボウに近いアナウンサー」吉田が現れたのは、先日行われたイベント「ミューコミ+ presents ミュ~フェス2012~Spring~ライブ1000本観戦アナ吉田のサブカル全部乗せ!」でメンバーに私物を盗まれたことに対する復讐のため。吉田は楽屋に潜入し、墨塗りメイクを落としている最中の有安を味方に付け、百田が普段愛用しているストレッチマットを入手。このマットは、来週のニッポン放送「ミュ~コミプラス」でリスナーにプレゼントされるとのこと。百田ファンは放送をお聴き逃しなく。

ひと波乱の後は、格闘技中継などでおなじみの清野茂樹アナウンサーが司会を務める「ももクロのど自慢」へ。ベテラン横森良造がアコーディオンで伴奏を付け、関西テレビ「さんまのまんま」のまんまちゃんが判定の鐘を鳴らすという不思議な空間が作り出された。このコーナーでは、セーラー服にヘルメットという朴訥とした格好の玉井がソロ曲「…愛ですか?」を、高城がデューク・エイセス、青空球児・好児とのコラボで「筑波山麓合唱団」と「森のくまさん」の替え歌「街の妖怪さん」を披露した。

高城本人が手がけた「街の妖怪さん」の異常な歌詞に会場がざわつく中、突然AKB48の「overture」が流れ出し、今度はステージ後方から指原莉乃が登場。指原はももクロの5人にお願いがあって来たのだという。それは、6月25日に東京・日本武道館で開催される自身のイベント「指原莉乃プロデュース 第一回ゆび祭り~アイドル臨時総会~」への出演要請。これを受け、高城が「さーしはらー! おめえ、いい根性してんじゃねえか。今ここで1曲歌う度胸があったら考えてやってもいいぞ」と上から目線で挑発し、追って玉井も「さーしはらー! できんのかー!」と煽ると、指原は「やってやる!」と、ももクロファンを前にソロデビュー曲「それでも好きだよ」を歌い上げた。そもそもAKB48の大ファンであるももクロは、指原のキラキラしたパフォーマンスに大喜び。イベントの出演も快諾した。なお、このイベントにはほかにも、アイドリング!!!、私立恵比寿中学、SUPER☆GiRLS、東京女子流、ぱすぽ☆、渡り廊下走り隊7といった今をときめくアイドルが集結する。

そしてこの後、ステージでは大きな発表が待ち構えていた。それは「ももクロサマーダイブ2012」の開催。ただし、用意されていた告知ムービーでは開催日が8月5日に決定したことがアナウンスされたのみ。開催地については謎のままで、それはメンバー5人も聞かされていない様子。その会場は、次に登場するゲストが発表するという。観客が固唾を飲んで見守る中、場内中央のステージからせり上がってきたのは、松崎しげるだ。

しげるは名曲「愛のメモリー」に乗せて「ももクロサマーダイブ2012」開催地を発表しようとするも、気持ちよくなってしまい結局最後まで歌いきってしまう。爆笑と感動に包まれる中、しげるは「開催地の謎がこの歌にある」と2曲目をスタンバイ。センターステージには獅子の格好をした着ぐるみのキャラクターが駆けつけ、耳なじみのあるイントロが流れ始める。着ぐるみは埼玉西武ライオンズのマスコット・レオ&ライナで、球団歌「地平を駈ける獅子を見た」だ。夏のライブ会場に選ばれたのは、3万人収容のスタジアム、西武ドーム。当然ももクロ史上最大規模の会場となる。横浜アリーナには5人の絶叫としげるの美声、ファンの大歓声がこだました。

ももクロもファンも大興奮のまま、ライブはいよいよ後半戦へ。最後の目玉はメンバーによる新ユニットのお披露目だ。まずは有安&高城の「事務所に推され隊」。前山田健一プロデュース曲「事務所にもっと推され隊」は、2人が事務所の待遇の悪さに対する恨み節とファンへの感謝の気持ちを歌ったナンバーで、客席は2人のイメージカラーである緑と紫のペンライトで埋め尽くされた。続く百田&玉井の「ももたまい」は、同じく前山田がプロデュースを手がけた「シングルベッドはせまいのです」を披露。2人の仲睦まじい様子が描かれた萌える楽曲だ。そして唯一ユニットを組んでいないあーりんは不満を述べながらも、キラーチューン「だって あーりんなんだもーん☆」でユニットに応戦。最終的にはメンバー4人をバックダンサー扱いにした「佐々木彩夏 with ももメイツ」となって大満足の表情を浮かべた。そして本編ラストナンバー「ももクロのニッポン万歳!」ではカートで外周を回り、ステージから遠方のファンにも笑顔を届け、およそ2時間半におよんだライブを華やかに締めくくった。

アンコールの声に応えてふたたび登場した5人は「行くぜっ!怪盗少女」「走れ!」の2曲をパフォーマンス。そして最後にゲスト出演者全員を呼び込んでの「コノウタ」で大団円を迎えた。ライブ冒頭の約束どおり、全力でステージを駆け抜けたももクロ。本日開催の2日目「見渡せば大パノラマ地獄」では、果たしてどのようなドラマが待ち構えているのか。会場およびライブビューイングに参加するファンは、彼女たちの気合いに負けないよう全力でライブに挑もう。

ももいろクローバーZ ももクロ春の一大事2012~横浜アリーナまさかの2DAYS~
ももクロ☆オールスターズ 2012 セットリスト

オープニングムービー~overture「ももいろクローバーZ参上!!」
01. DNA狂詩曲
02. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
03. LOST CHILD
04. BIONIC CHERRY
05. 労働讃歌
06. 涙目のアリス / 玉井詩織
07. 津軽半島龍飛崎 / 高城れに
08. あーりんは反抗期! / 佐々木彩夏
09. 教育 / 有安杏果 with 在日ファンク
10. 恋はあせらず / マス寿司三人前(有安杏果、玉井詩織、高城れに)with 在日ファンク
11. 渚のラララ / 百田夏菜子 with ザ・ワイルドワンズ
12. …愛ですか? / 玉井詩織 with 横森良造
13. 筑波山麓合唱団 / デューク・エイセスと1匹(高城れに)with 青空球児・好児
14. 街の妖怪さん / 高城れに with デューク・エイセス
15. それでも好きだよ / 指原莉乃
~松崎しげる歌唱「愛のメモリー」「地平を駈ける獅子を見た」~
16. Chai Maxx
17. ツヨクツヨク
18. 事務所にもっと推され隊 / 事務所に推され隊(有安杏果&高城れに)
19. シングルベッドはせまいのです / ももたまい(百田夏菜子&玉井詩織)
20. だって あーりんなんだもーん☆ / 佐々木彩夏 with ももメイツ
21. ももクロのニッポン万歳!
<アンコール>
22. 行くぜっ!怪盗少女
23. 走れ!
24. コノウタ(ももクロ☆オールスターズ Special ver.)

※記事初出時、観客動員数に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー