ももクロ東京タワーで「オレンジノート」アカペラ大合唱

 
mixiチェック

2011年7月31日 22:00 201

イメージ

ノッポン兄弟を交えて夏休みの宿題について語り合うももクロちゃん。

イメージ

雨にぬれた床で100%のパフォーマンスができないシーンも見られたが、「行くぜっ!怪盗少女」の見せ場、百田夏菜子のえびぞりジャンプは120%の出来。

イメージ

新曲「ワニとシャンプー」は夏休み終了間際の悲哀を歌ったラテンナンバー。振り付けには扇子が登場する。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

ももいろクローバーZが本日7月31日、東京タワー正面イベント会場にてフリーライブ「見上げれば東京タワー そうだ!アキレス腱を伸ばそう。」を開催した。

このフリーライブは、7月27日にリリースされた1stアルバム「バトル アンド ロマンス」の発売記念イベントとして実施されたもの。あいにくの悪天候ながら、会場には1000人を超えるファンが集まった。

小雨のパラつく中、ライブは1stアルバム「バトル アンド ロマンス」の冒頭を飾るシングル曲「Z伝説 ~終わりなき革命~」からスタート。前半戦にはアルバム収録曲「ワニとシャンプー」が披露され、金色の扇子を使ったパフォーマンスで大盛り上がりとなった。この曲がステージで歌われたのは、7月16日の「美浜海遊祭2011」に続いて2度目。ちなみにアルバムにはライブ未公開の楽曲が4曲残っているので、今後のステージに注目しておこう。

ライブはバラードナンバー「キミノアト」を挟み、中盤~後半に勢いのある楽曲が続く。この頃には雨も上がり、観客席の盛り上がりもヒートアップ。前半は雨で濡れた床のせいでアクロバットに失敗する場面もあったが、「行くぜっ!怪盗少女」ではリーダー百田夏菜子が東京タワーの真下で見事なえびぞりジャンプを決めた。

そしてラストの「オレンジノート」は、最初のサビ前でバックトラックが止まってしまうというまさかのハプニングが。しかし、5人はそのままアカペラで続け、ファンの拍手と大合唱をバックに最後まで歌いきった。会場はかつてない一体感に包まれ、ももクロの歴史にまた新たな伝説の1ページが刻まれた。

アンコール「ツヨクツヨク」を歌い終えたあとは、テレ朝動画で配信中のレギュラー番組「ももクロChan」の撮影へ。ステージにはゲストとして東京タワーのマスコットキャラクター・ノッポンも登場し、にぎやかなムードの中で収録が行われた。この様子は後日配信される「ももクロChan」のオープニングとしてオンエアされるのでお楽しみに。

さらに、15:00からはメンバー本人によるアルバム手売り会が実施され、ライブの余韻冷めやらぬファンとメンバーの交流は夜まで続いた。

今後も続々とイベントが控えているももクロ。8月2日には日本テレビ「汐博2011」のアイドル企画として開催中の「汐留☆アイドルカーニバル!2011」への参加がアナウンスされていたが、さらに同日15:00からは汐博会場内でフリーライブを行うとのこと。詳細はオフィシャルサイトの続報を待とう。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ