音楽ナタリー

山下達郎、夏の名盤「COME ALONG」33年ぶりに続編登場

1531

山下達郎のアルバム「COME ALONG」シリーズの第3弾「COME ALONG 3」が、8月2日にリリースされることが決定した。

「COME ALONG」は1979年夏、レコードショップ店頭で流す販売促進用レコードとして制作されたアルバム。達郎本人ではなく当時のレコード会社スタッフが考案したもので、ベストアルバム的な選曲を小林克也のDJでつなぐ、ラジオ番組のような内容となっていた。店頭でこのレコードが流されると多くの問い合わせが殺到したが、達郎がこの作品を正式なカタログとして発売することに抵抗を感じたことから、「カセットだけの発売」という条件で1980年3月に商品化。その後正式にLPとCDでもリリースされ、1984年には続編の「COME ALONG II」も発売された。

実に33年ぶりの続編となる「COME ALONG 3」は過去2作を踏襲し、DJを小林克也、ジャケットイラストを鈴木英人が担当。「CHEER UP! THE SUMMER」「高気圧ガール」「踊ろよ、フィッシュ」「さよなら夏の日」「THE THEME FROM BIG WAVE」といった夏にぴったりのナンバー12曲が収められる予定だ。

アルバム発売を記念して、ワーナーミュージック・ダイレクトではアナログサイズジャケット付きの限定盤も数量限定で用意される。

小林克也 コメント

手に私の詩や物語。
耳に日本の宝、Tatsuroの名作。
これぞ新しい時代のCDのありかた。
おいでトリップしよう!
come along

小林克也

音楽ナタリーをフォロー