音楽ナタリー

チャランポ企画「ブタ音楽祭」で新曲披露、大道芸人コラボで驚きと笑いのステージに

574

「ブタ音楽祭2017」の様子。

「ブタ音楽祭2017」の様子。

チャラン・ポ・ランタンが昨日4月16日に東京・上野恩賜公園水上音楽堂にて自主企画ライブイベント「ブタ音楽祭2017」を開催した。

彼女たちはこの日、TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のオープニングテーマとしておなじみの「進め、たまに逃げても」や、Mr.Childrenのメンバーがアレンジと演奏を手がけた「かなしみ」などの話題曲を演奏。このほかさまざまなコーナーが設けられ、bayfmのレギュラーラジオ番組「スットコドッコイラジオ劇場」の公開収録ではトークで観客を楽しませつつ、earth music & ecologyのCMソングになっている「夢ばっかり」を歌とアコーディオンのみで披露した。

小春の大道芸仲間であるパントマイムユニット・to R mansionが登場すると、彼女たちは圧巻のパフォーマンスでオーディエンスに笑いを起こす。また、ももが“猫系アイドル”に変身し、目まぐるしいステージ演出で会場は大盛り上がり。小春のソロコーナーでは夕暮れにピッタリな心地いいアコーディオンの音色で観客を魅了した。

ライブの最終パートは、同日に配信リリースされたばかりの映画「はらはらなのか。」の主題歌「憧れになりたくて」をライブ初披露。大道芸人仲間たちがゲストとして次々参加し、布を用いた空中パフォーマンスやリングを用いたサーカスが観客の目の前で繰り広げられた。

アンコールの最後に「最後の晩餐」が始まると全出演者が一同に会し、アコーディオン1本の伴奏ながらこの日一番の盛り上がりに。満員の観客に終始驚きと笑いを届けてイベントは幕を閉じた。

なおチャラン・ポ・ランタンは6月より、姉妹2人だけでのホールツアー「チャラン・ポ・ランタン ホールツアー2017“唄とアコーディオンの姉妹劇場”」を実施する。

チャラン・ポ・ランタン ホールツアー2017 “唄とアコーディオンの姉妹劇場”

2017年6月3日(土)千葉県 印西市文化ホール
2017年6月13日(火)神奈川県 海老名市文化会館 小ホール
2017年6月16日(金)北海道 札幌サンプラザ
2017年6月24日(土)愛知県 名古屋市芸術創造センター
2017年6月25日(日)福岡県 都久志会館
2017年7月2日(日)東京都 日本橋三井ホール
2017年7月9日(日)大阪府 大阪市中央公会堂

音楽ナタリーをフォロー