音楽ナタリー

米津玄師「3月のライオン」新ED曲を書き下ろし「ぐるぐる考えながら音楽を作りました」

36215

米津玄師の新曲「orion」が、NHK総合で放送中のテレビアニメ「3月のライオン」のエンディングテーマとして1月7日(土)より放送される。

これは本日12月8日に東京・Zepp Tokyoにて開催された米津のワンマンライブでアナウンスされたもの。「orion」は米津がアニメのために書き下ろしたナンバーで、彼はこの楽曲について「零くんと自分の共通する部分はどこだろうか、川本家の暖かさ、眩しさを表現するにはどうしたらいいだろうか。ぐるぐる考えながら音楽を作りました」とコメントしている。

また同曲は2月15日にシングルとしてリリースされることも決定した。シングルの発売形態はオリオン盤、ライオン盤、通常盤の3種類で、ライオン盤にはDVDが付属する。映像の内容や収録曲の詳細は後日アナウンスされる。

なお「3月のライオン」1月クールのオープニングテーマはYUKIの新曲「さよならバイスタンダー」に決定している。

米津玄師 コメント

3月のライオンを初めて読んだのが数年前、その時の第一印象は「この景色なんか見たことあるな」でした。
僕は当時、舞台のひとつである月島に住んでいました。家の近所が漫画になっててとても驚いたのを憶えています。
零くんと自分の共通する部分はどこだろうか、川本家の暖かさ、眩しさを表現するにはどうしたらいいだろうか。
ぐるぐる考えながら音楽を作りました。些細ではあるけれど、このお話の一部分を担えることをとても嬉しく思っています。

音楽ナタリーをフォロー