音楽ナタリー

KREVAの音楽劇初日、内博貴が韻踏みアピール「ついに幕が開くか!」

472

「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」会見の様子。

「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」会見の様子。

KREVAの音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」が本日3月25日に東京・東京芸術劇場プレイハウスにて初日を迎えた。

本作は2011年に初演、2014年に再演が行われた、KREVAの楽曲で全編が構成される音楽劇「最高はひとつじゃない」の新作。主演には内博貴を迎え、KREVAと内博貴の2人を軸に、桜を題材にした3つのストーリーがオムニバス形式で紡がれる。「見守り続ける男」を演じるKREVAと、「いつの間にか傍観者ではいられなくなる青年」を演じる内は、作品の中でウチクレバというユニットを結成。内は今作でラップに初挑戦する。

開幕前には公開稽古とKREVA、内による記者会見が行われ、稽古ではKREVA、内をはじめMummy-D(RHYMESTER)、AKLO、ブラザートム、増田有華、綿引さやか、小西真奈美らキャスト陣がKREVAのナンバーに乗せて個性豊かなラップを披露した。作中にはラップバトルが披露されるシーンもあり、稽古は白熱。稽古を終えた内は今の心境を問われ「ついに、幕が開くか! という感じですね」と口にし、KREVAはこれに「おっ。韻踏んできたね」と目を見張った。

制作発表会見のときに内は自身のラップのスキルを「3点」と評していたとあり、取材陣からは「今の自身のラップは何点?」という質問が飛ぶ。内は「2点ですね!」と言って笑いを誘ったが、KREVAは「3点は卒業しましたよ。内くんにしかできないラップを作ってきたので、既存の採点基準では計れないです」と付け加える。KREVAのサポートのもと、ラップの練習を重ねてきた内は「KREVAさんは本当にいい人。稽古場でも、すごくいい雰囲気を作ってくれる。すごく楽しくて苦労がなかったから、人間楽しみながら取り組んだらなんでも覚えられるんだなって思いました」とコメントした。

KREVAは作品の見どころについて「ラッパーがほかの人の曲でラップをしているのも面白いし、役者さんや舞台女優さん、それぞれがそれぞれの言葉でラップをしているところが見どころかな」と答えた。内は「この作品は、(音楽の)ライブとお芝居がフュージョンしたような、誰も見たことのないようなものになっていると思う。自分で舞台に立っていて『新しいな』って感じるんです。なので、ぜひたくさんの人に観てほしいですね」とアピール。彼の言葉を聞いたKREVAは「誰も観たことのないものだから、楽しみ方もまだ決まっていないんです。皆さんが来て、楽しんでくれて完成するものだと思っています」と続けていた。

KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

2016年3月25日(金)~4月3日(日)東京都 東京芸術劇場プレイハウス
2016年4月8日(金)~4月10日(日)大阪府 森ノ宮ピロティホール

<出演者>
KREVA / 内博貴 / 増田有華 / 綿引さやか / AKLO / ブラザートム / Mummy-D(RHYMESTER) / 小西真奈美 / Little Glee Monster(大阪公演のみ) / and more

<スタッフ>
音楽監督:KREVA
演出・上演台本:野村昌史 / 町田誠也
振付:梅棒
殺陣:大岩主弥

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】