音楽ナタリー

Dream Ami、ディズニー新作「ズートピア」主題歌を熱唱「あきらめないでよかった」

286

「『ズートピア』公開記念 ~夢を信じるあなたへ贈る~ スペシャルイベント」の様子。

「『ズートピア』公開記念 ~夢を信じるあなたへ贈る~ スペシャルイベント」の様子。

本日3月15日に東京・ヴィーナスフォート 教会広場にて開催された映画「ズートピア」公開記念イベント「『ズートピア』公開記念 ~夢を信じるあなたへ贈る~ スペシャルイベント」に、映画の日本版主題歌を歌うDream Amiが登壇した。

ディズニー映画の最新作「ズートピア」は、動物たちが平和に暮らす文明社会“ズートピア”を舞台に、ウサギの警察官ジュディとキツネの詐欺師ニックの冒険を描くファンタジーアドベンチャー。ディズニー作品の日本語版主題歌という大役について、Amiは「最初スタッフさんに呼び出されたときの前振りが『ヤバいことになったよ!』だったので、『なんだろう!?』って思いました。それで内容を聞いたときは、まさか自分の人生の中でディズニーの主題歌を歌える機会があるなんて夢にも思っていなかったので、『なんでですか!?』って何度も聞いたのを覚えてます(笑)」とオファーを受けたときの様子を明かし、「小さい頃からディズニー映画には勇気をいただいてきたし、大好きな作品もたくさんある。いきなり夢が叶ってしまったような感じです」と感慨深く語った。

Amiが歌う主題歌「トライ・エヴリシング」は、夢を追うジュディが電車に乗って故郷から大都会ズートピアへ旅立つ、物語の重要なシーンで印象的に使われている。Amiはこのシーンについて「ズートピアってこの世界でいう東京なのかなって思うんです。私も故郷の大阪から夢を叶えるために東京に来た人間なので、新幹線に1人で乗って東京に来たときのことを思い出しました。きっとこの街で自分の夢が叶うんだって信じてました」とコメント。また「あきらめそうになった経験は?」という質問では、「辞めちゃったほうがいいのかな、いっそ違う道へ行ったほうがいいのかな、とあきらめそうなことは何度もありました。でも自分の中であきらめきれなくて。(Dreamの)解散の危機もあったけど、メンバーみんなで『だったら自分たちでステージを作ろう』と言って機材を買ったりして。それで今の事務所のHIRO(EXILE)さんに出会って、E-girlsとも出会えた。そのときにできる最善を考えて行動してよかったな、あきらめないでよかったなと思いました」と自身の体験を振り返った。

「今後挑戦したいことは?」の質問には、「E-girlsではみんなで1つの夢に向かっています。ちょうど3度目のアリーナツアーがスタートしたんですけど、いつかはドームツアーがしたいと思ってそこに向かってひとつになっています。ソロのDream Amiとしては、ドームツアーとまではいかないですが、ソロのライブもいつかやりたいなと思っています」と語ったAmi。イベントの最後には、主題歌「トライ・エヴリシング」を披露することになり、会場に集まったファンに「ジュディが旅立つ自分自身を励ますようにイヤホンで聴いている曲です。失敗しても何度でもがんばるのよ、という前向きなメッセージが込められている応援ソングなので、ぜひ歌詞に注目して聴いていただきたいですし、サビのメロディは覚えやすいので一緒に歌いたいな」と呼びかける。そして「トライ・エヴリシング」を熱唱すると、「1人で歌うのはちょっと心細いところもあるんですけど、皆さんの声がめちゃめちゃ聞こえてきて、今日は心強かったです!」とファンに感謝の思いを伝えた。

映画「ズートピア」は4月23日より全国公開。Amiは日本語版主題歌のほか、劇中に登場するポップスター・ガゼル役で声優にも挑戦している。

音楽ナタリーをフォロー