映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ズートピア」上戸彩がヒロインのウサギ・ジュディの吹替担当、サバンナ高橋も参加

42

「ズートピア」日本語吹替版キャスト。左からジュディ役の上戸彩、クロウハウザー役のサバンナ高橋茂雄。

「ズートピア」日本語吹替版キャスト。左からジュディ役の上戸彩、クロウハウザー役のサバンナ高橋茂雄。

ディズニー・アニメーションの新作「ズートピア」にて、上戸彩サバンナ高橋茂雄が日本語吹替版キャストを務めることがわかった。

本作は、動物たちが平和に暮らす文明社会“ズートピア”を舞台に、ウサギの警察官ジュディと詐欺師のキツネ・ニックの冒険を描くファンタジーアドベンチャー。「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーアが共同で監督を務めた。

上戸が声を当てるのは、ウサギのジュディ。体の小さいウサギは農場で人参作りに従事するのが通常とされる世界で、警察官という幼い頃からの夢を追って大都会ズートピアを訪れる主人公だ。そして高橋が担当するのは、ジュディの同僚となるチーター・クロウハウザー。チーターとは思えないほど太っているのんびり屋で、警察署の受付担当として同僚や厳格な署長、捕まった犯人からも愛される愛嬌を持つ。

この発表にあたり、上戸は「正直に、即決でした。嬉しかったです。ディズニーってどの作品も皆さんの中で特別な思い出になりますよね。皆さんの記憶・心の中に残る作品の声優を担当させて頂けるということは本当に嬉しかったです。いつか家族に自慢できるお仕事ができたらいいなと常に思っているので、ジュディはまさにそうじゃないかなと思います」とコメント。「小さい頃からディズニー映画を観ていた」と語る高橋も、「その世界に自分の声が入る、ということが本当に嬉しかったです。同時にディズニーの仕事をしている、という優越感も感じています(笑)。僕が演じるクロウハウザーは愛嬌たっぷりの可愛いキャラクターなので、ぜひみんなに愛されるようにしたいです」と感想を述べた。

さらにほかの吹替キャストには、ニック役に森川智之、ズートピア市長のライオンハート役に玄田哲章、ズートピア警察署長のスイギュウ・ボゴ役に三宅健太、ヒツジのベルウェザー副市長役に竹内順子が名を連ねている。

なお監督のハワードとムーアは、3月下旬に来日することが決定している。「ズートピア」は4月23日より全国ロードショー。

(c)2016 Disney. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー