音楽ナタリー

MAN WITH A MISSIONが“ミッション”つながりでハリウッド映画とタッグ

1600

MAN WITH A MISSIONが、2月20日に公開される映画「X-ミッション」のイメージソングとして「Give it Away」を提供した。

「X-ミッション」はエクストリームスポーツのアスリートたちで構成される犯罪集団に潜入したFBI捜査官の戦いを描くサスペンスアクション。MAN WITH A MISSIONは、生身のアクションで任務をこなす男たちのスピリットとの親和性、タイトルにある“ミッション”という言葉がバンド名に入っていることからイメージソングを担当することになった。

Jean-Ken Johnny(G, Vo, Rap)は今回のタイアップを受けて、映画について「高マル。ヒリツク。エクストリームスポーツノ興奮ト緊張ガ映像カラ襲イカカル。世界トップクラスノ超一流アスリート陣ガCGヲ一切使ワズニコレヲヤッテノケタト言ワレテド肝ヲ抜カレタ。人間ノ極限ヘノ挑戦ト可能性、加エテ大自然ノ偉大サト忘レテハイケナイ畏敬。1991年ノ名作『ハートブルー』ヲ原案ニシテトンデモネー常識破リノミッションガココニ!!!」とコメント。また映画の監督を務めたエリクソン・コアは、「MAN WITH A MISSIONの映画『X-ミッション』のイメージソング『Give It Away』は本当に素晴らしい曲だ! 彼らのスピリット&エネルギーがこの映画のテーマとも共鳴している」と「Give it Away」を絶賛している。

なお「Give it Away」は2月10日リリースのMAN WITH A MISSIONのニューアルバム「The World's On Fire」に収められる。

音楽ナタリーをフォロー