映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ノーCGでの命懸けウイングスーツ飛行、「X-ミッション」の特別映像が公開

124

「X-ミッション」

「X-ミッション」

「ハートブルー」のリメイク作「X-ミッション」の特別映像が、YouTubeにて公開された。

本作は、エクストリームスポーツのアスリートたちで構成される犯罪集団に潜入したFBI捜査官、ユタの戦いを描くサスペンスアクション。主人公ユタを「スパイ・レジェンド」のルーク・ブレイシー、犯罪集団のカリスマ的存在であるボーディを「ボーン・アルティメイタム」のエドガー・ラミレスが演じている。メガホンを取ったのは、「ワイルド・スピード」の撮影監督エリクソン・コア

このたび特別映像として公開されたのは、劇中に登場する「ウイングスーツフライング」シーンのメイキング。ウイングスーツフライングはムササビのような形状のスーツを着用し、高所から飛び降りて滑空するという極めて危険度の高いスポーツだ。この命懸けのスタントのためスイスのヴァレンシュタットに集結したのは、一流のアスリートたち。コアは「この場面のため、彼らは2週間で60回以上飛んだ」と明かし、自らもスタントを行ったテクニカルアドバイザーのジェブ・コーリスは、「僕は人類最高のスタントを目撃した。CGはまったく使ってない」と興奮した表情で語っている。実写とは思えないほどの迫力ある映像を、ぜひ確認してほしい。

「X-ミッション」は、2月20日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。

(c)2015 Warner Bros. Ent. (c)Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー