映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

エクストリームスポーツの迫力とスリルが充満する「X-ミッション」予告編

19

「X-ミッション」 (c) 2015 Warner Bros. Ent. (c) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

「X-ミッション」 (c) 2015 Warner Bros. Ent. (c) Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

キアヌ・リーヴス主演のサスペンスアクション「ハートブルー」を新たなスタッフとキャストでリメイクした「X-ミッション」。このたび予告編がYouTubeで公開された。

本作の主人公は、連続強盗事件を追う若きFBI捜査官ジョニー・ユタ。高い身体能力を駆使して犯罪に手を染めるアスリート集団に潜入捜査するうちに、そこで出会ったエクストリームスポーツのカリスマ的存在、ボーディの信念に強く惹かれていく。監督・撮影は「ワイルド・スピード」の撮影を務めていたエリクソン・コア。ユタ役に「スパイ・レジェンド」のルーク・ブレイシー、ボーディ役に「ボーン・アルティメイタム」「NY心霊捜査官」のエドガー・ラミレスが起用された。

予告編映像は、大金を奪った犯人たちが飛行機からダイブし、大量のドル札を吹き飛ばしながら急降下する場面からスタート。その後もウイングスーツフライング、サーフィン、スノーボード、フリーロッククライミングといった型破りな方法で犯行を実践する彼らの姿が映し出される。全編CGを使わずリアルなアクションにこだわったという監督のコアは「この映画で死者が毎日出なかったのが奇跡だった」と述懐。めくるめくスリル満点の映像に、エクストリームスポーツで世界を舞台に活躍する日本人アスリートからも驚きの声が寄せられている。

「X-ミッション」は2016年2月20日より東京・新宿ピカデリー、丸ノ内ピカデリーほか全国で2D / 3Dロードショー。

伊藤慎一氏(プロウィングスーツ・パイロット) コメント

無謀と思える挑戦! ただでさえカーブが多く飛行が困難で、ひとつ間違えれば即崖に激突してしまうあの渓谷。
これまでカメラマンと単独で飛行したウイングスーツ・パイロットはいますが、映画ではフォーメーションを組んで飛行。度肝を抜かれました。実写ならではのスゴイ迫力!

渡辺明氏(AWP / モトクロス世界選手権チャンピオン) コメント

極限過ぎる! そこまでやったら危ないよ! プロの立場で鑑賞したからこそ、本当にドキドキしてしまった。
主人公2人の男たちが目指す極限ミッションに、自分も「挑戦する」気持ちを思い出した。

映画ナタリーをフォロー