音楽ナタリー

いつかは“at 武道館”!武藤彩未、晴天の豊洲で笑顔全開パフォーマンス

677

武藤彩未(撮影:笹森健一)

武藤彩未(撮影:笹森健一)

武藤彩未が昨日11月3日に東京・アーバンドックららぽーと豊洲にて、ライブアルバム「Re:BIRTH~19th Birthday Live at 渋谷公会堂」のリリース記念イベントを開催した。

10月28日にリリースされた「Re:BIRTH~19th Birthday Live at 渋谷公会堂」は武藤にとって初のライブアルバムで、彼女の19歳の誕生日にあたる今年4月29日に行われた東京・渋谷公会堂公演の音源をパッケージした作品。イベントではアルバムの収録曲が披露された。

昨日のイベントは2部構成で実施。11月とは思えない温かい日差しが差し込む中で、はつらつとしたパフォーマンスを繰り広げ、熱心なファンから子供連れの買い物客まで幅広いオーディエンスを魅了した。

第2部は開演時刻の16:00ぴったりにスタート。サーモンピンクのセーターにボーダー柄のミニスカートを着た武藤が現れると、観客は歓声と拍手を彼女に浴びせる。彼女は「こんにちは! 武藤彩未です。まぶしい? 大丈夫?」とファンを気遣いながら、360度くるりと回りながら背後にいるオーディエンスにも笑顔で挨拶。そして観客のクラップに乗せて1曲目の「Seventeen」を笑顔で歌い上げた。

キュートな振り付けとともに「パラレルワールド」を披露したあとはMCへ。武藤は「まぶしいかもしれないですけど、絵的には最高ですよね?」と笑顔を弾けさせ、12月23日に行われるクリスマスライブについて告知する。さらに「Re:BIRTH~19th Birthday Live at 渋谷公会堂」について「19歳の誕生日に憧れの渋谷公会堂で歌えた証」と説明しながら、「いつかは『at 武道館』ができるように! 皆さんとそこに行きたいので応援よろしくお願いします」と日本武道館公演への夢を語った。

ライブの後半で武藤は、ファンと一緒にタオルを振りながら「RUN RUN RUN」を歌ったり、「交信曲第1番変ロ長調」でエモーショナルな歌声を空高く響かせたりと全身全霊のライブを繰り広げる。そして「時期は違うんですけど、未来への思いが詰まった曲です」という言葉から「彩りの夏」につなげ、さわやかな風を会場に吹き込んだ。全5曲を歌い終えたあと武藤は「楽しすぎるー!」と笑顔で叫び、両手を振りながら集まった観客に挨拶した。

武藤彩未 X'mas Special LIVE「A.Y.M.X.」

2015年12月23日(水・祝)東京都 赤坂BLITZ

武藤彩未 ららぽーと豊洲リリース記念イベント 第2部
2015年11月3日 アーバンドックららぽーと豊洲 セットリスト

01. Seventeen
02. パラレルワールド
03. RUN RUN RUN
04. 交信曲第1番変ロ長調
05. 彩りの夏

音楽ナタリーをフォロー