音楽ナタリー

奥田民生、広島で50歳前夜祭!「ロック幸せ」「人生は上々だ」熱唱

5248

ユニコーン(撮影:山本倫子)

ユニコーン(撮影:山本倫子)

ユニコーン奥田民生(Vo, G)の生誕50周年を祝うライブイベント「ユニコーン 奥田民生50祭 “もみじまんごじゅう”」が5月11、12日に広島・広島文化学園HBGホールにて行われた。

奥田の誕生日前日となった11日の公演には、ユニコーンと地球三兄弟、さらに奥田がバックバンドMTR&Yを従えた「奥田民生~バンドMTR&Y~」として出演。それぞれ個性的なパフォーマンスで会場を沸かせた。

トップバッターを飾ったのは「奥田民生~バンドMTR&Y~」。奥田とサポートメンバーの小原礼(B)、斎藤有太(Key)、湊雅史(Dr)の4人はゆっくりとステージに現れ、オーディエンスから大きな拍手を浴びる。1曲目を飾ったのは「最強のこれから」。ヘヴィなアンサンブルで会場をゆっくりと彼らの色に染めていく。続く「御免ライダー」では奥田が「広島ー!」と地元のファンに向けて雄叫びを上げ、客席からも大歓声が沸き起こった。

「スカイウォーカー」「なんでもっと」と、彼らしいゆったりとした空気感のナンバーが続いた後は奥田がこの日のイベント開催に至った経緯を振り返る。「川西(幸一 / Dr)さんの50歳のイベントをやったばっかりに、やんなきゃいけないみたいになって……今年はユニコーンから(奥田とEBI(B)の)2人が50歳ということで2つに分けてやるんですけど、来年はABEDON(Key)が50歳でその後すぐ川西さんが60歳になる! これでずっと商売していくんですかね、年齢で(笑)」と毎年のように訪れるアニバーサリーについて語り、観客を笑わせた。終盤、「イージュー★ライダー」ではオーディエンスが手を上げて心地よいサウンドに身を任せる。最後を飾ったのは「風は西から」。圧巻のパフォーマンスでファンを魅了した奥田は「ありがとう!」と挨拶し、ステージを後にした。

続いてのアーティストは地球三兄弟。サポートメンバーはいつものとおり、伊藤大地(Dr / SAKEROCK)と奥野真哉(Key / ソウル・フラワー・ユニオン)が務めた。オープニングを飾ったのはTHE EARTHこと桜井秀俊が歌う西城秀樹のカバー「傷だらけのローラ」。この日のために新調したという真っ赤なジャンプスーツに身を包んだ彼の熱唱ぶりに、客席からは大爆笑が起こる。そんな彼の様子に、この日3組のステージに立つOしゃんこと奥田は「助かります、体力温存してます(笑)」と感謝。一方のTHE EARTHは「私は今ので95%使い果たしました……」と、消耗した様子を見せていた。

「呼びにきたよ」「アースより愛をこめて」が披露されたあと、Oしゃんの「続きまして、この2人がよかったときの曲を(笑)」という紹介で「サマーヌード」を演奏。会場を一気に盛り上げるが、スパ de SKYがドラムを叩きTHE EARTHのバイオリンとボーカルが主役を務める「アースの休日」で和んだ雰囲気となる。そしてOしゃんが「地球三兄弟はこの後、ライブをやる予定がまったくないんですが……」と話すと、スパ de SKYが「なのに作っちゃったんだ(笑)」とTHE EARTHのジャンプスーツを見て笑う。そんな3人の和やかなステージは「すっごい汗」で締めくくられた。

そしていよいよトリを飾るユニコーンのライブが始まる。先にステージに登場したのは手島いさむ(G)、ABEDON、EBI、川西の4人。先日発表されたアーティスト写真と同じヘヴィメタル風の出で立ちの4人を、観客は大爆笑と拍手で迎えた。ステージ最前方で炎や花火が上がる中、主役の奥田が登場。1曲目はこのライブ、およびライブビューイングの観客がダウンロードできる新曲「ロック!クロック!オクロック!」。長髪のかつらを振り回しつつ、派手にプレイする5人の姿に場内は大盛り上がりとなる。その後かつらを脱いだ5人は「大迷惑」「WAO!」と、名曲を連発。序盤からハイテンションなパフォーマンスを展開した奥田は曲が終わると思わず「疲れた……」とこぼしていた。

「今日打ち上げに行かなくていいですか」「明日は弾き語りがあるから、全部バラードとトークで」とぼやく奥田だが「川西さんのときから、誕生日の人が一番しんどいというのはわかってるので。がんばります」と気を取り直し次の曲へ。ここでは川西のボーカル曲「ロック幸せ」を奥田が歌い、会場を沸かせる。さらに初期の名曲「ペケペケ」では奥田とEBIがそれぞれのボーカルパートを入れ替えて歌うというサプライズも。ファンを大いに喜ばせた。

笑いや歓声の絶えないパフォーマンスから一転し、「ユトリDEATH」での5人は重く力強い演奏で会場を圧倒。その後は来場者向けの新曲「私はオジさんになった」を披露する。ラストは「はいYES!」「SAMURAI 5」「Feel So Moon」と近年の楽曲を連続で演奏し、観客を楽しませた。

アンコールの声に応えて最初に奥田以外の4人がステージに現れると、Deep Purpleの「SMOKE ON THE WARTER」のリフを鳴らし始める。そこへビニールテープのもみあげを貼り付け、先程まで着ていたつなぎにフリンジを付けた奥田が登場。彼のファッションに観客だけでなくメンバーたちも大笑いする中、始まったのは「人生は上々だ」。通常はABEDONがボーカルを取るナンバーとしておなじみのこの曲を、奥田がテンション高く歌い上げる。終盤は奥田とABEDONが交互に畳み掛けるようにボーカルを取り、オーディエンスはこの日一番の盛り上がりを見せた。

疲労困憊した様子の奥田は「明日はこれで終わりでいいんじゃないかな?(笑)」と弱気を見せつつも、最後に集まった観客に向けて「それでは次回、EBIの50歳祭りをお楽しみに!」と挨拶。ラストナンバーとして5人で「すばらしい日々」を披露し、約3時間半にわたるイベントの幕を閉じた。

ユニコーン 奥田民生50祭 “もみじまんごじゅう”
2015年5月11日 広島県 広島文化学園HBGホール セットリスト

奥田民生~バンドMTR&Y~

01. 最強のこれから
02. 御免ライダー
03. イナビカリ
04. スカイウォーカー
05. なんでもっと
06. 快楽ギター
07. イージュー★ライダー
08. 風は西から

地球三兄弟

01. 傷だらけのローラ
02. 呼びにきたよ
03. アースより愛をこめて
04. サマーヌード
05. 絵
06. アースの休日
07. うかんでくる
08. すっごい汗

ユニコーン

01. ロック!クロック!オクロック!
02. 大迷惑
03. WAO!
04. ロック幸せ
05. ペケペケ
06. ユトリDEATH
07. 私はオジさんになった
08. はいYES!
09. SAMURAI 5
10. Feel So Moon
<アンコール>
11. 人生は上々だ
12. すばらしい日々

音楽ナタリーをフォロー