音楽ナタリー

NMB48に密着した初のドキュメンタリー映画

890

NMB48 (c)2015「DOCUMENTARY of NMB48」製作委員会

NMB48 (c)2015「DOCUMENTARY of NMB48」製作委員会

NMB48のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of NMB48(仮)」が2015年に劇場公開されることが発表された。

NMB48はSKE48に次ぐAKB48グループ2番目の姉妹グループとして、“女性アイドル不毛の地”と呼ばれていた大阪で2010年に結成。人気メンバーでもコントや漫才といったお笑いにも積極的に取り組み、AKB48グループの中でも独自の進化を遂げてきた。そんな彼女たちにとって初のドキュメンタリー映画となる今作は、結成前の第1期生オーディションから現在に至るまでの4年間に密着して撮影されたもの。選抜と非選抜の格差を目の当たりにして流した“誓いの涙”、実直な山本彩&小悪魔的な渡辺美優紀という両エースの関係、AKB48と約半年間兼任していた横山由依がNMB48を愛した理由など、さまざまなエピソードをメンバーへの撮り下ろしインタビューを交えて振り返っていく。

今年7月に公開されたAKB48のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?」の大阪での舞台挨拶中に、自ら「私たちのドキュメンタリーも撮ってほしい」と懇願していたNMB48。その念願が今回の映画で叶うことになる。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】