音楽ナタリー

松井玲奈、乃木坂46プリンシパルは「楽しむことに注力」

286

乃木坂46の劇場公演第3弾「16人のプリンシパル trois(トロワ)」が本日5月30日から東京・赤坂ACTシアターにて開幕。これを受けて、メンバー登壇による記者会見が行われた。

「16人のプリンシパル trois」は脚本&演出を「勇者ヨシヒコ」シリーズや「コドモ警察」などで知られる福田雄一が担当。1幕で“笑い=コントのセンス”を審査基準としたオーディションが実施され、観客の投票によって選ばれたメンバー16名が2幕に出演することができる。今回は6月15日までに計22公演が予定されている。

記者会見に登壇したのは秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、深川麻衣、松井玲奈、松村沙友理、若月佑美の10名。「16人のプリンシパル trois」2幕での衣装を着用した彼女たちはまず、1人ずつ今回のプリンシパル公演に対する意気込みを語った。中でも今回がプリンシパル初参加となる松井は、「乃木坂のイベントにしっかりと出るのは初めてなので、どんな雰囲気なのかなと思っていて。まずは楽しむことに一番力を注いでいきたいなと思っています」と笑顔で宣言。「2幕の衣装で着てみたいものはあるか」という質問には、白石が着ているキャサリン役の衣装を指して「ガンダムが大好きなので、どことなくファーストガンダム(第1作目の『機動戦士ガンダム』)みたいな雰囲気が漂ってるので、ぜひこの役のこの服が着られるようにがんばりたい」と答えた。

「コントということで、こんな練習をしましたという特別なことはしたか?」という問いには、松村が「みんなでドリフとかお笑いの動画を観たりしました」とコメント。続けて生駒が「今回の舞台はドリフの要素が詰まってるので、ドリフの年代の皆さんは志村けんさんの芸が出るところがあるので、ぜひステージに声をかけていただけたら」と、今回の見どころを説明した。

さらに、6月7日に迫ったAKB48グループの選抜総選挙の話題におよぶと、松井は「プリンシパルが乃木坂版の総選挙なのかなと私はずっと思っていたので、今日はまずこっちに出演するので乃木坂式総選挙を体験できるのがうれしい」と発言。続いて今回が初の総選挙参加となる生駒は「今年のプリンシパルに関しては、私は2幕に出る出ないに対して一喜一憂はしない。福田さんも『落ちたら落ちたで、出てるメンバーが噛んだらそれを大いに笑え』と言うくらい気楽な気持ちでいる。総選挙に関しては私も初めてのことでわからなことが多いので……」と話してから、まずはプリンシパルに注力したいと本音を明かした。そして最後に、このプリンシパル公演を最後にしばらく芸能活動を休止する生田が「最後はみんなで笑って終わればいいなというのと、あとは……もちろんコントだからスベることもあると思うんですけど、スベッてもそれをみんなで笑えるような空気を最後までずっと保って、楽しくやれたらいいなと思ってます」とコメントして、会見を終えた。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【編集アシスタント】