ようやく武蔵が参ります、神田伯山「寛永宮本武蔵伝」1年の延期を経て3都市へ

3

299

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 40 152
  • 107 シェア

講談師 神田伯山 新春連続読み「『寛永宮本武蔵伝』完全通し公演 令和四年」が、1月に東京・愛知・福岡で上演される。

講談師 神田伯山 新春連続読み「『寛永宮本武蔵伝』完全通し公演 令和四年」ビジュアル(デザイン:菅原麻衣子 / ycoment、写真:橘蓮二、題字:安田有吾)

講談師 神田伯山 新春連続読み「『寛永宮本武蔵伝』完全通し公演 令和四年」ビジュアル(デザイン:菅原麻衣子 / ycoment、写真:橘蓮二、題字:安田有吾)

大きなサイズで見る(全3件)

「講談師 神田松之丞 新春連続読み『畔倉重四郎』完全通し公演2020」より。(撮影:橘蓮二)

「講談師 神田松之丞 新春連続読み『畔倉重四郎』完全通し公演2020」より。(撮影:橘蓮二)[拡大]

本公演は、今年1月に上演予定だったが、緊急事態宣言の影響で中止になったものの延期公演。「寛永宮本武蔵伝」は、神田伯山が東京・あうるすぽっとで行う“連続読み完全通し公演”企画の第3弾で、劇中では、死闘を繰り返し、西へ西へと旅をする宮本武蔵の物語が描かれる。

上演に向け、伯山は「ありとあらゆる興行が、延期をしております。ひどいのになりますと、延期興行の延期興行のそのまた延期興行で、お客様半分にしてのソーシャルディスタンス昼夜公演という、大変な状況になっております。『寛永宮本武蔵伝』は、一年間。私もお客様も待たされました。佐々木小次郎を待たせてジリジリさせた、宮本武蔵の計略のようです。そう思うと、この公演は武蔵の思い通りかもしれません。さぁ、ようやく武蔵が参ります。開幕です」と公式サイトでコメントしている。

公演は1月6日から16日まであうるすぽっと、19日から23日まで愛知・西文化小劇場、26日から30日まで福岡・福岡市科学館 サイエンスホールにて。チケットの一般抽選販売は、東京公演が本日12月17日から21日まで、福岡公演が1月4日10:00から6日23:59まで受け付けられる。

この記事の画像(全3件)

講談師 神田伯山 新春連続読み「『寛永宮本武蔵伝』完全通し公演 令和四年」

2022年1月6日(木)~16日(日)
東京都 あうるすぽっと

2022年1月19日(水)~23日(日)
愛知県 西文化小劇場

2022年1月26日(水)~30日(日)
福岡県 福岡市科学館 サイエンスホール

出演:神田伯山

全文を表示

読者の反応

  • 3

酒☆猫@1/13~16.新春連続読み「天明白浪伝」@名古屋 @gossaka

ようやく武蔵が参ります、神田伯山「寛永宮本武蔵伝」1年の延期を経て3都市へ https://t.co/soP5iEggaM

コメントを読む(3件)

関連記事

神田伯山のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 神田伯山 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします