ミュージカル「天使について」THE RAMPAGE・RIKU、鍵本輝らが堕天使と新米天使に

1

329

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 134 179
  • 16 シェア

「Musical『天使について~堕落天使編~』」が、2月24日から3月6日まで東京・自由劇場で上演される。

「Musical『天使について~堕落天使編~』」ロゴ

「Musical『天使について~堕落天使編~』」ロゴ

大きなサイズで見る(全7件)

本作は作・作詞をイ・ヒジュン、作曲をイ・アラムが手がけ、2016年に韓国で初演されたミュージカル。その日本人キャスト版となる今回は、日本版台本・演出を田尾下哲、日本語翻訳・訳詞を安田佑子、音楽監督を宮崎誠が務める。劇中ではかつて神に一番愛されていた堕落天使・ヴァレンティノと、特別な才能を与えられた芸術家たちを管理する新米天使・ルカの物語が展開。ある日ルカとヴァレンティノは、創作に苦しむレオナルド・ダ・ヴィンチのもとに降臨し……。

RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)[拡大]

鍵本輝(Lead)

鍵本輝(Lead)[拡大]

出演者は2名のみとなり、上演はトリプルキャスト編成で行われる。ヴァレンティノ役にRIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、古谷大和鈴木勝吾、ルカ役に鍵本輝(Lead)、中村太郎石井一彰がキャスティングされた。チケットの一般先行受付は、1月10日にスタートする。

この記事の画像(全7件)

「Musical『天使について~堕落天使編~』」

2022年2月24日(木)~3月6日(日)
東京都 自由劇場

Book & Lyrics by Heejoon Lee
Music by Aram Lee
日本版台本・演出:田尾下哲
日本語翻訳・訳詞:安田佑子
音楽監督:宮崎誠
製作協力:韓国MP&COMPANY

キャスト

堕落天使ヴァレンティノ:RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、古谷大和鈴木勝吾
天使ルカ:鍵本輝(Lead)、中村太郎石井一彰

※宮崎誠の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

ミュージカル「天使について」THE RAMPAGE・RIKU、鍵本輝らが堕天使と新米天使に
https://t.co/qBvV7Q0URn

#RIKU #古谷大和 #鈴木勝吾 #鍵本輝 #中村太郎 #石井一彰 https://t.co/SMozFp3Exi

コメントを読む(1件)

関連記事

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / 古谷大和 / 鈴木勝吾 / 鍵本輝 / 中村太郎 / 石井一彰 / 田尾下哲 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします