河野紗代子・清水美紗都がピアノとダンスで紡ぎ出す「すべて黄色だった。」

1

29

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 7 14
  • 8 シェア

「すべて黄色だった。」が11月20日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 小ホールで上演される。

「すべて黄色だった。」ビジュアル

「すべて黄色だった。」ビジュアル

大きなサイズで見る

この公演は、音楽の河野紗代子、コンテンポラリーダンスアーティストの清水美紗都が1つのテーマに対して感性をぶつけ合う共同作品。今作では“温かさ”や”危険”など、黄色が持つ2面性を、全曲書き下ろし曲のピアノ生演奏とコンテンポラリーダンスを用いて描き出す。

「すべて黄色だった。」

2021年11月20日(土)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

演出・出演:河野紗代子、清水美紗都
作曲:河野紗代子
振付:清水美紗都

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

河野紗代子・清水美紗都がピアノとダンスで紡ぎ出す「すべて黄色だった。」
https://t.co/7l9f46CHp4 https://t.co/06tjaCLgD7

コメントを読む(1件)

関連記事

清水美紗都のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 清水美紗都 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします