令和3年秋の褒章受章者が本日発表、紫綬褒章に内野聖陽ら

1

163

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 47 61
  • 55 シェア

本日11月2日に令和3年秋の褒章の受章者が発表され、内野聖陽が紫綬褒章を受章することが明らかになった。

1993年に「女たちの十二夜」で初舞台を踏んだ内野は、1996年にNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」で注目を浴び、NHK大河ドラマ「風林火山」で主演を務めた。近年は、ジョン・ケアード演出の「ハムレット」、水戸芸術館ACM劇場プロデュース 水戸芸術館開館30周年記念事業「『最貧前線』『宮崎駿の雑想ノート』より」、こまつ座「化粧二題」といった舞台作品に出演している。

なお紫綬褒章には内野のほか、映画監督の黒沢清、小説家の小川洋子、アニメーション映画監督の湯浅政明ら90名が選ばれた。

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

令和3年秋の褒章受章者が本日発表、紫綬褒章に内野聖陽ら
https://t.co/P6Am2toNsh

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

内野聖陽のほかの記事

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 内野聖陽 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします