ジャンヌトー×SPACの第4弾は日仏俳優による「桜の園」、トークゲストに岩井秀人

31

SPAC「桜の園」が11・12月に静岡・静岡芸術劇場、静岡・磐田市竜洋なぎの木会館 大ホールにて上演される。

SPAC「桜の園」チラシ

SPAC「桜の園」チラシ

大きなサイズで見る(全2件)

これはフランス人演出家ダニエル・ジャンヌトーとSPACの4作目となるコラボレーション作品。チェーホフの「桜の園」を日仏の俳優たちによって立ち上げる。なお11月13日には、ジャンヌトーがディレクターを務めるフランス国立演劇センター ジュヌヴィリエ劇場で「ワレワレのモロモロ ジュヌビリエ編」を演出した岩井秀人をゲストに迎えた、アフタートークが実施される。

この記事の画像・動画(全2件)

SPAC「桜の園」

2021年11月13日(土)・14日(日)、20日(土)・21日(日)、23日(火・祝)、28日(日)、12月12日(日)
静岡県 静岡芸術劇場

2021年12月3日(金)
静岡県 磐田市竜洋なぎの木会館 大ホール

作:アントン・チェーホフ
演出・舞台美術:ダニエル ・ジャンヌトー
アーティスティックコラボレーション・ドラマツルギー・映像:ママール・ベンラヌー
翻訳:アンドレ・マルコヴィッチ、フランソワーズ・モルヴァン、安達紀子
出演:鈴木陽代、布施安寿香、ソレーヌ・アルベル、阿部一徳、カンタン・ブイッスー、オレリアン・エスタジェ、小長谷勝彦、ナタリー・クズネツォフ、加藤幸夫、山本実幸、アクセル・ボグスラフスキー、大道無門優也、大内米治

全文を表示

関連記事

SPACのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 SPAC / 布施安寿香 / 阿部一徳 / 岩井秀人 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします