第28回OMS戯曲賞、最終候補作7作品を発表

第28回OMS戯曲賞の最終候補作が発表された。

最終候補作には、イトウワカナ「砂利はポルカで踊る」、久野那美「行き止まりの遁走曲(フーガ)」、くるみざわしん「白地に赤く、日の丸とカッポウ着」、高橋恵「ダライコ挽歌」、田辺剛「クローゼットQ」、山村菜月「その桃は血の味がする」、山本彩「花を摘む人」の7作品が選ばれた。授賞式と公開選評会は12月7日に大阪・大阪ガス本社ビル 3Fホールで実施される予定だ。

1994年に創設されたOMS戯曲賞は、関西2府4県で活躍する劇作家を発掘すると共に、過去に受賞歴のある作家も選考の対象とした戯曲賞。前年に書き下ろされ、上演された作品を対象に、大賞、佳作が各1作品ずつ選出される。選考委員には、佐藤信鈴木裕美佃典彦土田英生樋口ミユが名を連ねた。なお、大賞の受賞者には30万円、佳作の受賞者には10万円が贈呈される。

全文を表示

※初出時、見出しに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連記事

イトウワカナのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 イトウワカナ / 久野那美 / くるみざわしん / 高橋恵 / 田辺剛 / 佐藤信 / 鈴木裕美 / 佃典彦 / 土田英生 / 樋口ミユ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします