青木豪演出「ロミオとジュリエット」が野外劇からプレイハウスでの上演に

1

99

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 40 52
  • 7 シェア

野外劇「ロミオとジュリエット イン プレイハウス」が、10月15日から17日まで東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される。

野外劇「ロミオとジュリエット」ビジュアル(撮影:安藤理樹)

野外劇「ロミオとジュリエット」ビジュアル(撮影:安藤理樹)

大きなサイズで見る(全3件)

野外劇「ロミオとジュリエット」は「東京芸術祭2021」の1プログラム。当初、本作は東京・池袋西口公園 野外劇場 GLOBAL RING THEATREで上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、東京芸術劇場 プレイハウスに会場を移しての上演となった。上演台本・演出を青木豪が手がける今作では、“女系一家・モンタギュー VS 男系一 家・キャピュレット”という切り口で作品が立ち上げられる。

上演に向け、ジュリエット役の阿久津仁愛は「今回ジュリエットとロミオの性別が逆になったり、斬新な演出が多いので、そこをどう表現していくかすごく楽しみです。『ロミオとジュリエット』のお話を知らない方も惹きつけられるようなお芝居ができるように頑張りたいと思います。女性役を演じるのは初めての挑戦なので、色々悩んだりすると思うのですが、物語や役を全力で生きている姿、そして僕の新しい姿をお客様にご覧頂けたらと思います」とコメント。

ロミオ役の川原琴響は「東京芸術祭に初めて参加させていただくので、まだ分からないことも多いのですが、とても楽しみです。オーディションの際、青木豪さんのメッセージに『“人の目をひきたいと思ってる人”、待ってます。』と書かれてあったのが印象的でした。普段演劇を観ない方にも、楽しんでいただけるようなお芝居を創れるように頑張ります」と意気込みを語った。チケットは9月12日に販売開始される。

この記事の画像(全3件)

野外劇「ロミオとジュリエット イン プレイハウス」

2021年10月15日(金)~17日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

作:ウィリアム・シェイクスピア
訳:松岡和子
上演台本・演出:青木豪
出演:阿久津仁愛、川原琴響 / 谷田奈生、塚越健一、みしまりよ、柳内佑介、齋藤千裕、近藤廉、末次由樹、友田宗大、井上平、滝本圭、河口勇太朗、明樂哲典

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

青木豪演出「ロミオとジュリエット」が野外劇からプレイハウスでの上演に(コメントあり)
https://t.co/eLR8VrTrAC

#東京芸術祭 #阿久津仁愛 #川原琴響 https://t.co/imgS8jvszr

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

青木豪のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 青木豪 / 阿久津仁愛 / ウィリアム・シェイクスピア / 塚越健一 / 柳内佑介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします