「完全版マハーバーラタ」本日開幕、小池博史「時空と身体がキラキラ輝いています」

小池博史が演出・脚本・振付・構成を手がける「完全版マハーバーラタ」が、本日8月20日に東京・なかのZERO 大ホールで開幕する。

「完全版マハーバーラタ~愛の章」より。(撮影:許方于)

「完全版マハーバーラタ~愛の章」より。(撮影:許方于)

大きなサイズで見る(全5件)

「完全版マハーバーラタ~愛の章」より。(撮影:許方于)

「完全版マハーバーラタ~愛の章」より。(撮影:許方于)[拡大]

「完全版マハーバーラタ~愛の章」より。(撮影:許方于)

「完全版マハーバーラタ~愛の章」より。(撮影:許方于)[拡大]

これは、小池博史ブリッジプロジェクトが2013年から取り組む、インドの叙事詩「マハーバーラタ」全編舞台作品化計画の集大成となる公演。本作は前編“愛の章”、後編“嵐の章”に分けられ、劇中では、アジア各国の伝統舞踊に加え、ラップ音楽や映像なども取り入れたステージが繰り広げられる。出演者には、アジア各国から選出されたパフォーマーたちが名を連ねた。

開幕に際し、小池は「アジアのトップアーティストたちが2週間の隔離を経て、この6時間の作品と格闘した時間の集積体であり、さまざまな美意識が凝縮した、9年間の結晶体になっているように思います」と感慨を述べ、「今後、ぼくらは古代と現在と未来を同時に感じる必要性を認識せねばならない、時間の断層はなく、常に円環構造を描きつつ、時間や空間の照り返しがぼくたちの今の生なのだという認識です。『完全版マハーバーラタ』は時空と身体がキラキラ輝いています」とメッセージを送った。上演時間は、前編・後編それぞれ各約3時間を予定。公演は8月23日まで。

この記事の画像・動画(全5件)

「完全版マハーバーラタ~愛の章」(前編)、「完全版マハーバーラタ~嵐の章」(後編)

2021年8月20日(金)~23日(月)
東京都 なかの ZERO 大ホール

演出・脚本・振付・構成:小池博史
出演:リー スイキョン(マレーシア)、小谷野哲郎、パムンカス ダナン(インドネシア)、カンパ ロンナロオン(タイ)、川満香多、プルノモ スルヨ(インドネシア)、土屋悠太郎、シヌンヌグロホ ヘルマワン(インドネシア)、ムーンムーン シン(インド)、福島梓、ウェウダオ シリスーク(タイ)、今井尋也、川野誠一
演奏:下町兄弟、今井尋也、Taku Hosokawa

全文を表示

関連記事

小池博史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 小池博史 / 福島梓 / 小川剛生 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします