上演時間約6時間、アジア5カ国のアーティストと作る小池博史演出「完全版マハーバーラタ」

118

「完全版マハーバーラタ~愛の章」(前編)、「完全版マハーバーラタ~嵐の章」(後編)が8月20日から23日まで東京・なかの ZERO 大ホールにて上演される。

「Endless BRIDGE~マハーバーラタ完全版」より。

「Endless BRIDGE~マハーバーラタ完全版」より。

大きなサイズで見る(全2件)

本公演は東京オリンピック・パラリンピックの関連事業の「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム。伝統芸能を中心としたアーティストがアジア5カ国から集まり、小池博史の制作・演出により、インドの叙事詩「マハーバーラタ」を舞台化する。

上演時間は、前・後編合わせて約6時間。チケットは6月に発売予定。上演に向けて小池は「『マハーバーラタ』は古代の話ですが、現代社会と相似形に見えます。そこで多様なアジアの伝統芸能を用いながら混ぜあわせ、ここでしか生み出せない新たな形を示します。つまり『相違から生まれた調和の形』で、それは今後の世界を考えるとき、避けては通れない『共有する場の意識』と言っていいでしょう。テクノロジーが発達し、気候変動等が叫ばれる今、私たちは意識して現状況と対峙する必要があります。本作品はそのひとつの形です」とコメントしている。

この記事の画像(全2件)

「完全版マハーバーラタ~愛の章」(前編)、「完全版マハーバーラタ~嵐の章」(後編)

2021年8月20日(金)~23日(月)
東京都 なかの ZERO 大ホール

制作・演出(脚本・振付・構成):小池博史
出演:リースイキョン(マレーシア)、小谷野哲郎、パムンカス ダナン(インドネシア)、シン ムーンムーン(インド)、カンパ ロンナロオン(タイ)、川満香多、プルノモ スルヨ(インドネシア)、土屋悠太郎、シヌンヌ グロホ ヘルマワン(インドネシア)、福島梓小川剛生、ナムナリム(カンボジア)
演奏:下町兄弟、細川拓実、アリエンドラ イェンヌ(インドネシア)

全文を表示

※初出時から本文を変更しました。

小池博史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 小池博史 / 福島梓 / 小川剛生 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします