舞台「パタリロ!」一挙放送に加藤諒「地球上にいるすべての人に観てほしい」

1110

舞台「パタリロ!」シリーズが、8月22日に衛星劇場で一挙放送される。これに先駆けて7月中旬、加藤諒のオンライン取材会が行われた。

加藤諒

加藤諒

大きなサイズで見る(全6件)

舞台「パタリロ!」は、魔夜峰央による同名マンガの舞台化作品。舞台版では池田テツヒロが脚本、小林顕作が演出を手がけ、パタリロ役を加藤が務めた。8月22日16:30からの一挙放送では、第1弾の舞台「パタリロ!」、第2弾「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」、第3弾「舞台『パタリロ!』~霧のロンドンエアポート~」が、続けてオンエアされる。

「舞台『パタリロ!』~霧のロンドンエアポート~」ビジュアル(c)魔夜峰央/白泉社 (c)舞台「パタリロ!」製作委員会

「舞台『パタリロ!』~霧のロンドンエアポート~」ビジュアル(c)魔夜峰央/白泉社 (c)舞台「パタリロ!」製作委員会[拡大]

今年1月に上演された「舞台『パタリロ!』~霧のロンドンエアポート~」は、今回テレビ初放送となる。加藤はコロナ禍での上演を「誰1人欠けずに公演を終えられたことに、安堵感と達成感がありました。それにこの状況で観に来てくださったお客様のことを考えたら、千秋楽ではつい涙があふれてしまって」と振り返る。同作では、加藤を除くキャストが一新された。加藤は新たな座組の特徴を「平均年齢がすごく若くなってフレッシュでした」と述べ、「僕と年齢が近い中村中さんや小沢道成さんと、稽古場で『年下のキャストとどう接したらいいか』という会議をちょこちょこ開いていました(笑)」とエピソードを明かした。

加藤は本シリーズの演出を担う小林の「『原作をどんどん壊していったら、結果的に原作に近い舞台ができた』というふうに作りたい」という発言を紹介。小林が劇中歌も手がけていることに触れ「顕作さんとのレコーディングは、ほぼ一発録り。『霧のロンドンエアポート』の劇中歌で、僕が高音を出せずに声が裏返ったところがあるんですけど、それでOKでした(笑)」と裏話を披露する。さらに加藤は演技に悩んでいたとき、小林から「パタリロは腹黒いでしょ。諒くんも腹黒いじゃん。だから普通にやればいいよ!」と声をかけられたと言い、「ドキッとしましたが、その言葉があったからいろいろ吹っ切れて、どんどん挑戦してみようと思えました」と笑顔を見せた。

舞台「パタリロ!」より。(c)魔夜峰央/白泉社

舞台「パタリロ!」より。(c)魔夜峰央/白泉社[拡大]

「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」より。(c)魔夜峰央/白泉社

「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」より。(c)魔夜峰央/白泉社[拡大]

取材会では、加藤が2016年の舞台「パタリロ!」と2018年の「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」から、お気に入りのシーンを紹介する場面も。舞台「パタリロ!」ではバンコランとマライヒのキスシーンがお気に入りだそうで、「『パタリロ!』においてこの2人のラブストーリーは重要な要素。あの長いキスシーンはそこを物語ると思う」とコメント。また「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」では、他人の病気やけがを治す能力を持つロビー少尉と、パタリロがやり取りをするシーンが印象的だと述べ、「パタリロはロビーを引き留めますが、ロビーはそれを振り払って病気の人を治して命を落とします。そこでパタリロが初めて心の底から泣くという場面を演じられたことが、すごくうれしかった」と懐かしそうな表情を浮かべた。

加藤は「パタリロ!」の魅力について「作中では戦争や争いごとも登場して、現実世界の問題にも通ずるところがある」「この世界では、男性同士の恋愛が当たり前のこととして描かれていて、僕はそこがすごく好き」と語る。また「どんな人に舞台『パタリロ!』シリーズを届けたいか」と尋ねられた加藤は「地球上にいるすべての人に観てほしい。コロナ禍で笑う機会が少なくなった人も多いと思います。僕も1人暮らしなので、ステイホーム中は寂しさを感じていました。ぜひおうちで舞台『パタリロ!』を観て、その間だけでも楽しい時間を過ごしてほしいです」と回答した。

最後に加藤が「マリネラ国民の1人になったつもりで放送を観てもらえたら、一層楽しめると思います。マリネラにはパタリロもバンコランもマライヒもいますから、ぜひ会いに来てください!」とメッセージを送り、取材会は終了した。

アニメ映画「パタリロ! スターダスト計画」ビジュアル(c)魔夜峰央・白泉社/東映アニメーション

アニメ映画「パタリロ! スターダスト計画」ビジュアル(c)魔夜峰央・白泉社/東映アニメーション[拡大]

「劇場版パタリロ!」ビジュアル(c)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会2019

「劇場版パタリロ!」ビジュアル(c)魔夜峰央・白泉社/劇場版「パタリロ!」製作委員会2019[拡大]

なお舞台版の一挙放送に先駆け、8月22日13:30からはアニメ映画「パタリロ!スターダスト計画」、14:30からは舞台版キャストが出演した「劇場版パタリロ!」も放送される。

この記事の画像(全6件)

衛星劇場「舞台『パタリロ!』」

2021年8月22日(日)16:30~

原作:魔夜峰央「パタリロ!」(白泉社)
演出:小林顕作
脚本:池田鉄洋
出演:加藤諒、佐奈宏紀、細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生、青木玄徳 ほか

衛星劇場「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」

2021年8月22日(日)18:15~

原作:魔夜峰央「パタリロ!」(白泉社)
脚本:池田テツヒロ
演出:小林顕作
出演:加藤諒、佐奈宏紀、小林亮太、細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生、蒼木陣、佐藤銀平、吉川純広、富岡晃一郎、三上陽永、柴一平、香取直登、掛川僚太、大澤信児、三津谷亮、青木玄徳

衛星劇場「舞台『パタリロ!』~霧のロンドンエアポート~」

2021年8月22日(日)20:15~

原作:魔夜峰央「パタリロ!」(白泉社)
脚本:池田テツヒロ
演出:小林顕作
出演:加藤諒、宇野結也、後藤大、川上将大、原嶋元久、田口司、佐川大樹、大久保樹、江本光輝、中田凌多、星豪毅、奥田夢叶、小沢道成、中村中

CS衛星劇場「アニメ映画『パタリロ!スターダスト計画』」

2021年8月3日(火)18:30~、22日(日)13:30~ ほか

原作:魔夜峰央
監督:西沢信孝
脚本:田波靖男
声の出演:白石冬実、池田昌子、曽我部和行、小林清志、藤田淑子

CS衛星劇場「劇場版パタリロ!」

2021年8月6日(金)11:00~、22日(日)14:30~ ほか

原作:魔夜峰央「パタリロ!」(白泉社)
脚本:池田テツヒロ
監督:小林顕作
出演:加藤諒、青木玄徳、佐奈宏紀、細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生、三津谷亮、小林亮太、松村雄基、近江谷太朗、木下ほうか、池田鉄洋、須賀健太、鈴木砂羽、西岡徳馬、魔夜峰央、
哀川翔

※西岡徳馬の「徳」は旧字体が正式表記。

全文を表示

関連記事

加藤諒のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 加藤諒 / 劇場版パタリロ! / パタリロ! スターダスト計画 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします