あごうさとし、フリーアナウンサー・能政夕介と共に“アナウンス”の変遷たどる

21

あごうさとし×能政夕介「フリー/アナウンサー」が、6月23日から25日まで京都・THEATRE E9 KYOTOで上演される。

あごうさとし×能政夕介「フリー/アナウンサー」チラシ表

あごうさとし×能政夕介「フリー/アナウンサー」チラシ表

大きなサイズで見る(全4件)

「フリー/アナウンサー」は、作と出演をフリーアナウンサーの能政夕介、演出をあごうさとしが手がける作品。本作は、1925年にラジオ放送のアナウンサーが誕生してから約100年、時代の移り変わりと共に変化してきた“アナウンス”の変遷をたどる実験作となっている。

公演の公式サイトでは、能政とあごうのメッセージを掲載。能政は「言葉を扱うアナウンサーに自由はあるのか。言語表現における自由とは何か。当たり前だと思考している音や対象に、混乱を加えたとき、新たな発見が広がっていく」、あごうは「彼が混乱と言っているのは、多分私のことも指していると思うが、そんなつもりは毛頭無い。純粋な言葉の主体が、歩行の中に立ち現れると思う。この街に移住したフリーのアナウンサーの第一声をなんとか全国に届けたい」と、それぞれコメントしている。

上演時間は約1時間。なお本作は、劇場公演に加え、音声配信も行われる。

この記事の画像(全4件)

あごうさとし×能政夕介「フリー/アナウンサー」

2021年6月23日(水)~25日(金)
京都府 THEATRE E9 KYOTO

演出:あごうさとし
作・出演:能政夕介

全文を表示

あごうさとしのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 あごうさとし の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします