松岡和子の個人全訳による「シェイクスピア全集」が33巻で完結、全巻セットも

1560

翻訳家・松岡和子の個人全訳による「シェイクスピア全集」(ちくま文庫)が、5月10日に刊行される第33巻「終わりよければすべてよし」で完結する。

松岡和子個人全訳「シェイクスピア全集」全33巻(ちくま文庫 / カバー装画・デザイン:安野光雅)

松岡和子個人全訳「シェイクスピア全集」全33巻(ちくま文庫 / カバー装画・デザイン:安野光雅)

大きなサイズで見る(全3件)

松岡和子個人全訳「シェイクスピア全集」より、「終わりよければすべてよし」(ちくま文庫 / カバー装画・デザイン:安野光雅)

松岡和子個人全訳「シェイクスピア全集」より、「終わりよければすべてよし」(ちくま文庫 / カバー装画・デザイン:安野光雅)[拡大]

「シェイクスピア全集33 終わりよければすべてよし」

「シェイクスピア全集33 終わりよければすべてよし」
Amazon.co.jp

「シェイクスピア全集 全33巻セット」

「シェイクスピア全集 全33巻セット」
Amazon.co.jp

松岡が翻訳を手がける「シェイクスピア全集」は、1996年1月に発売された第1巻「ハムレット」から続いてきたシリーズ。松岡がシェイクスピア劇の翻訳を始めたのは50歳過ぎで、蜷川幸雄演出「ハムレット」のほか、シェイクスピア劇の翻訳依頼が続き、5本を訳したところで、ちくま文庫での全作品翻訳化が決定した。その後は、「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の上演と並行する形で翻訳が進められている。

なお、日本でのシェイクスピア劇全37編の個人全訳は、坪内逍遥、小田島雄志に続き、松岡で3人目。37作品の完訳を79歳で迎える松岡は「“覚悟がすべてだ”という『ハムレット』の台詞は、そのまま、私自身の終幕に向かっていく姿勢にしたいと思います」と語っている。

また5月10日には「シェイクスピア全集 全33巻セット」も同時発売される。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします