フランス文学者・演出家の渡邊守章が88歳で死去

6

133

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 36 38
  • 59 シェア

フランス文学者・演出家の渡邊守章が、4月11日に胸部大動脈瘤破裂のため死去していたことがわかった。88歳だった。

渡邊守章

渡邊守章

大きなサイズで見る

これは、渡邊が2013年度まで教授・所長を務めていた京都芸術大学舞台芸術研究センターの公式サイトで発表されたもの。葬儀等はすでに近親者のみで執り行われ、しのぶ会については後日発表される予定だ。

渡邊は1933年生まれ。東京大学やパリ第三大学での教授職、放送大学副学長などを経て、東京大学名誉教授、放送大学名誉教授、京都芸術大学舞台芸術研究センター主任研究員を務めた。演出家としては、ジャン・ラシーヌ「悲劇フェードル」、ジャン・ジュネ「女中たち」、アルフレッド・ド・ミュッセ「ロレンザッチョ」、泉鏡花「天守物語」などを手がけた。近年は、2016年、2018年に、ポール・クローデルの「繻子の靴-四日間のスペイン芝居-」を自身の翻訳・構成・演出で上演したほか、2009年から京都・京都芸術劇場 春秋座で行われている「春秋座ー能と狂言」シリーズの企画・監修を行っていた。

読者の反応

  • 6

みやこわすれ @kenzakikuniko

フランス文学者・演出家の渡邊守章が88歳で死去 https://t.co/f2vG494ZgU 守章先生に大学で習った。ご冥福をお祈りいたします。

コメントを読む(6件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします