Noism0+Noism1+Noism2が挑む「春の祭典」7月に新潟・埼玉・北海道で

83

Noism0+Noism1+Noism2「春の祭典」が、7月に新潟・埼玉・北海道で上演される。

「春の祭典」より。(Photo by Isamu Murai)

「春の祭典」より。(Photo by Isamu Murai)

大きなサイズで見る(全6件)

ストラヴィンスキー没後50年 Noism0+Noism1+Noism2「春の祭典」チラシ表

ストラヴィンスキー没後50年 Noism0+Noism1+Noism2「春の祭典」チラシ表[拡大]

本公演では、今年で没後50年となるイーゴリ・ストラヴィンスキーの「春の祭典」にNoismの全カンパニーが挑む。また、2019年より継続して創作されてきたシリーズの最終章「Fratres III」がNoism0とNoism1、「夏の名残のバラ」がNoism0により披露される。「春の祭典」と「Fratres III」は、昨年実施されたプレビュー公演でお披露目されたが、Noism本公演としての上演は今回が初めて。また、昨年オンラインで配信された映像舞踊「BOLERO 2020」も、劇場の大スクリーンで上映される予定だ。

いずれの作品も、金森穣が演出・振付を担当。公演は7月2日から4日まで新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場、23日から25日まで埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホール、31日に北海道・札幌文化芸術劇場hitaruにて。

この記事の画像(全6件)

ストラヴィンスキー没後50年 Noism0+Noism1+Noism2「春の祭典」

2021年7月2日(金)~4日(日)
新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場

2021年7月23日(金・祝)~25日(日)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

2021年7月31日(土)
北海道 札幌文化芸術劇場hitaru

演出・振付:金森穣

「春の祭典」

音楽:I.ストラヴィンスキー(「春の祭典」)
出演:Noism0、Noism1、Noism2

「Fratres III」

音楽:A.ペルト(「Fratres」)
出演:Noism0、Noism1

「夏の名残のバラ」

音楽:F.V.フロトー(「Martha」より「Last Rose of Summer」)
出演:Noism0

映像舞踊「BOLERO 2020」

編集:遠藤龍

全文を表示

関連記事

Noismのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 Noism / 金森穣 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします