「キネマの天地」演出・小川絵梨子のコメント到着「どうしてもやりたかった作品の1つ」

117

キネマの天地」の公演日程が明らかに。併せて、演出を担当する小川絵梨子のコメントが到着した。

人を思うちから 其の参「キネマの天地」ビジュアル

人を思うちから 其の参「キネマの天地」ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

左から高橋惠子、鈴木杏、趣里、那須佐代子。

左から高橋惠子、鈴木杏、趣里、那須佐代子。[拡大]

本作は、1986年に公開された山田洋次の映画「キネマの天地」の続編として、映画の脚本に関わった井上ひさしが手がけた戯曲。劇中では、4人の女優たちを中心にした推理喜劇が展開する。昭和10年、とある喜劇映画の打ち合わせが行われている築地東京劇場には、娘役として人気沸騰中の田中小春、ヴァンプ役で人気の滝沢菊江、お母さんもので有名な徳川駒子、そしてトップスター・立花かず子が集まっていた。彼女らは、突然死した女優の松井チエ子を思い出し……。

出演者には、立花かず子役の高橋惠子、滝沢菊江役の鈴木杏、田中小春役の趣里、徳川駒子役の那須佐代子、そして万年下積み役者・尾上竹之助役の佐藤誓、蒲田撮影所の助監督・島田健二郎役の章平、亡くなった松井の夫で、映画監督の小倉虎吉郎役の千葉哲也が名を連ねた。

小川が井上作品を手がけるのは、これが初めてのこと。小川は「『キネマの天地』は、私がどうしてもやりたかった作品の1つ」と語り、「この作品を、このキャストの皆さんとご一緒できることが楽しみでなりません。『演劇、ありがとう』と、演劇への感謝を込めて、作品作りに向かいたい」とコメントした。公演は、6月10日から27日まで東京・新国立劇場 小劇場にて行われる。なお、6月5・6日にはプレビュー公演が同劇場で実施される予定だ。チケットの販売は5月8日10:00スタート。

小川絵梨子コメント

「キネマの天地」は、私がどうしてもやりたかった作品の1つです。はるか昔になりますが、私が中学生の頃、演劇部で上演しました。部内のオーディションで、小春の役を貰って本当に嬉しかったことを覚えています。

あれから30年近くがたち、演出家という立場で、大好きな作品を大好きな俳優の方々とご一緒できる幸せを噛み締めています。この作品を、このキャストの皆さんとご一緒できることが楽しみでなりません。

「演劇、ありがとう」と、演劇への感謝を込めて、作品作りに向かいたいと思います。

この記事の画像(全2件)

人を思うちから 其の参「キネマの天地」

2021年6月10日(木)~27日(日)※6月5日(土)・6日(日)はプレビュー公演
東京都 新国立劇場 小劇場

作:井上ひさし
演出:小川絵梨子
出演:高橋惠子鈴木杏趣里那須佐代子佐藤誓章平千葉哲也

全文を表示

関連記事

小川絵梨子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 小川絵梨子 / 井上ひさし / 高橋惠子 / 鈴木杏 / 趣里 / 那須佐代子 / 佐藤誓 / 章平 / 千葉哲也 / キネマの天地 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします