劇団なかゆび、菊池寛・岸田國士・森本薫の作品を同時上演「戦争前夜の作家たち」

78

劇団なかゆび「戦争前夜の作家たち」が、3月6・7日に京都・gallery Mainで上演される。

Nakayubi.-11「戦争前夜の作家たち」チラシ表

Nakayubi.-11「戦争前夜の作家たち」チラシ表

大きなサイズで見る

2014年に結成された劇団なかゆびは、“問いの同時代性”をテーマに創作に取り組んでいる団体。今回は、菊池寛の「父帰る」、岸田國士の「是名優哉」、森本薫の「みごとな女」といった、第二次世界大戦前に発表された3作品が、同時上演される。

演出を劇団主宰の神田真直が担当。「父帰る」には飯坂美鶴妃、齋藤秀雄、土肥希理子、武士岡大吉、柊木樹、「是名優哉」には飯坂、柊木、「みごとな女」には飯坂、土肥、武士岡、柊木が出演する。上演時間は3作品合わせて1時間40分を予定。

Nakayubi.-11「戦争前夜の作家たち」

2021年3月6日(土)・7日(日)
京都府 gallery Main

演出:神田真直

「父帰る」

作:菊池寛
出演:飯坂美鶴妃、齋藤秀雄、土肥希理子、武士岡大吉、柊木樹

「是名優哉」

作:岸田國士
出演:飯坂美鶴妃、柊木樹

「みごとな女」

作:森本薫
出演:飯坂美鶴妃、土肥希理子、武士岡大吉、柊木樹

全文を表示

関連記事

岸田國士のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 岸田國士 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします