“2020年の世界”テーマに26作品上演「T Crossroad 短編戯曲祭」

33

「第1回 T Crossroad短編戯曲祭<2020年の世界>」が、2月10日から23日に東京・吉祥寺シアターにて上演される。

「第1回 T Crossroad短編戯曲祭<2020年の世界>」チラシ

「第1回 T Crossroad短編戯曲祭<2020年の世界>」チラシ

大きなサイズで見る(全4件)

これは、昨年40周年を迎えたティーファクトリーが、“劇作家の交流の場、観客に戯曲を身近に感じていただける場”として新たに立ち上げた「T Crossroad」の第1弾。“2020年の世界”をテーマに、参加を希望した劇作家たちの全26作品を上演する。上演はAプロからFプロまで6プログラムに分かれ、1プログラムにつき3作品を上演。また2月15・16日、23日にはリーディングプログラムが行われる。上演作品は公式サイトで確認を。

開催に向け、ティーファクトリーの川村毅は「様々な『今』が様々な台詞で語られると思います。こんな時代ですが、いやこんな時代だからこそ、劇作家の言葉で生きぬく力を確かめたい所存です」とコメント。演出を川村のほか、赤澤ムックとドナルカ・パッカーンの川口典成が手がける。

川村毅コメント

戯曲の可能性を追求し、劇作家の交流を目的としたT Crossroadの第1回短編戯曲祭は、図らずもこうした時代に遭遇してしまいました。

人類史において未曾有の時として刻まれるであろうこの時代に生きる劇作家の言葉、台詞を是非とも残すべきと考え、戯曲のテーマを<2020年の世界>としました。

様々な「今」が様々な台詞で語られると思います。

こんな時代ですが、いやこんな時代だからこそ、劇作家の言葉で生きぬく力を確かめたい所存です。

この記事の画像(全4件)

第1回 T Crossroad短編戯曲祭<2020年の世界>

2021年2月10日(水)~23日(火・祝)
東京都 吉祥寺シアター

作(五十音順):あかざとう、綾門優季、いしざわみな、今井夢子、上牧晏奈、宇吹萌、尾崎太祐、小野寺邦彦、サカイリユリカ、ササキタツオ、白鳥雄介、高石紗和子、立田優詞、つくにうらら、ナガノユキノ、萩谷至史、波田野淳紘、朱花かの子、松本雄貴、三橋亮太、むつみあき、モスクワカヌ / 川村毅
演出: 川村毅、赤澤ムック川口典成
出演:大沼百合子高木珠里石村みか、畑中咲菜、田中壮太郎、林田一高、寺内淳志、下前祐貴 / 富田保乃歌、西村知泰、磯田美絵、牛水里美砂原健佑伊東潤、笠木誠、結城洋平清水さと、春稀貴裕 / 蘭妖子田根楽子小林勝也

※高石紗和子の「高」ははしご高が正式表記。

全文を表示

関連記事

ティーファクトリーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ティーファクトリー / 川村毅 / 綾門優季 / 小野寺邦彦 / 白鳥雄介 / つくにうらら / 波田野淳紘 / 三橋亮太 / 赤澤ムック / 川口典成 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします