生死がグレーな世界で矛盾を描く、ONEOR8「グレーのこと」2021年版が上演

1

92

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 17 45
  • 30 シェア

ONEOR8「『グレーのこと』-2021ver.-」が1月16日から24日まで、東京のザ・スズナリで上演される。

ONEOR8「『グレーのこと』-2021ver.-」チラシ表

ONEOR8「『グレーのこと』-2021ver.-」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

本作は、2017年に東京・浅草九劇で初演された「グレーのこと」を、作・演出の田村孝裕が加筆修正した2021年版。劇中では、死後の世界を舞台に、とある事件を起こした金子翠についての議論が展開する。現世とあの世の間にあるグレーな世界で白黒付かない話し合いが続き……。

今回は金子翠役の羽田美智子をはじめ、恩田隆一冨田直美伊藤俊輔山口森広、関口敦史、松本亮長尾純子山野史人阿知波悟美のオリジナルキャストが集結。田村は「三密そのものが演劇である以上、我々のような小劇団には死活問題です。そんな今だからこそ、矛盾を描いた『グレーのこと』を上演するに至りました」と再演の経緯を語った。また、本公演では配信も予定されている。詳細は劇団の公式サイトやSNSで確認しよう。東京公演のチケットは12月13日10:00に発売開始。

なお、東京公演終了後、1月27日に北海道・北見芸術文化ホール 中ホール、29日に北海道・幕別町百年記念ホール、31日に北海道・だて歴史の杜カルチャーセンター 大ホール、2月2日に北海道・あさひサンライズホール、4日に茨城・水戸芸術館 ACM劇場でも上演される予定だ。

田村孝裕コメント

演劇は今、新しい生活様式の中で大きな矛盾に直面しています。

三密そのものが演劇である以上、我々のような小劇団には死活問題です。そんな今だからこそ、矛盾を描いた「グレーのこと」を上演するに至りました。

主人公の金子翠本人ですら判別できない矛盾した気持ち。

何が正解で、何が正しいかもわからない中、彼女は次の道を選択します。その選択をぜひ、劇場や配信で目撃してください。

「グレーのこと」は再演ではありますが、加筆修正を加えて「2021ver.」としてお送り致します。

この記事の画像(全2件)

ONEOR8「『グレーのこと』-2021ver.-」

2021年1月16日(土)~24日(日)
東京都 ザ・スズナリ

2021年1月27日(水)
北海道 北見芸術文化ホール 中ホール

2021年1月29日(金)
北海道 幕別町百年記念ホール

2021年1月31日(日)
北海道 だて歴史の杜カルチャーセンター 大ホール

2021年2月2日(火)
北海道 あさひサンライズホール

2021年2月4日(木)
茨城県 水戸芸術館 ACM劇場

作・演出:田村孝裕
出演:恩田隆一冨田直美伊藤俊輔山口森広、関口敦史、松本亮長尾純子 / 山野史人阿知波悟美羽田美智子

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

生死がグレーな世界で矛盾を描く、ONEOR8「グレーのこと」2021年版が上演(コメントあり)
https://t.co/TRVL5qXNvP https://t.co/1IBiQKLPDn

コメントを読む(1件)

関連記事

ONEOR8のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ONEOR8 / 田村孝裕 / 恩田隆一 / 冨田直美 / 伊藤俊輔 / 山口森広 / 松本亮 / 長尾純子 / 山野史人 / 阿知波悟美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします