カズオ・イシグロ「日の名残り」朗読劇で日本初演、眞島秀和が英国貴族に仕える執事に

1154

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 241 410
  • 503 シェア

朗読劇「日の名残り」が9・10月にかけて東京、山形、岩手で上演される。

朗読劇「日の名残り」の出演者。

朗読劇「日の名残り」の出演者。

大きなサイズで見る

「日の名残り」(早川書房)は長崎県出身で5歳のときに渡英し、日本とイギリスの文化を背景に活躍するカズオ・イシグロの小説。1989年に発表された同作がこのたび、KPR/開幕ペナントレース・村井雄の上演台本・演出で、朗読劇として日本初演を迎える。

劇中では、第二次世界大戦前後のイギリスを舞台に、貴族の屋敷ダーリントンホールに仕える執事スティーブンスの過去と現在が交錯。それらが、老境に差し掛かった彼の姿を浮かび上がらせていく。主人公スティーブンス役を眞島秀和が務め、女中頭ミス・ケントン役を大空ゆうひ小島聖がWキャストで演じる。また、ダーリントン卿役で作・演出家のマキノノゾミが登場するほか、桂やまととラサール石井がWキャストで出演し、複数役を演じ分ける。

公演は9月30日から10月4日まで東京・あうるすぽっとで行われたあと、10月6日に兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール、10月9日に山形・伝国の杜 置賜文化ホール、10月11日に岩手・盛岡劇場を巡演する。

朗読劇「日の名残り」

2020年9月30日(水)~10月4日(日)
東京都 あうるすぽっと

2020年10月6日(火)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

2020年10月9日(金)
山形県 伝国の杜 置賜文化ホール

2020年10月11日(日)
岩手県 盛岡劇場

原作:カズオ・イシグロ(早川書房)
訳:土屋政雄
上演台本・演出:村井雄
出演:眞島秀和 / 大空ゆうひ(Wキャスト)、小島聖(Wキャスト) / マキノノゾミ / 桂やまと(Wキャスト)、ラサール石井(Wキャスト)

全文を表示

関連記事

眞島秀和のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 眞島秀和 / 大空ゆうひ / 小島聖 / マキノノゾミ / ラサール石井 / 村井雄 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします