SPACの俳優たちが耳元で朗読、「でんわ de 名作劇場」再スタート

230

SPACの俳優たちによる「でんわ de 名作劇場」が6月6日から8月31日まで行われる。

「でんわ de 名作劇場」より。

「でんわ de 名作劇場」より。

大きなサイズで見る(全2件)

「でんわ de 名作劇場」チラシ

「でんわ de 名作劇場」チラシ

「でんわ de 名作劇場」は、俳優たちが観客のもとへ電話をかけ、電話で名作の朗読を行う企画。今年の「くものうえ↑せかい演劇祭2020」の1プログラムとして20日間実施され、好評を博したことを受け、再スタートする。

通話は1回30分以内で、6月の朗読作品は「吾輩は猫である」(作:夏目漱石)、「源氏物語」(作:紫式部、訳:与謝野晶子)、「セロ弾きのゴーシュ」(作:宮沢賢治)を予定。利用料金は基本無料だが、オプションとして、1回700円で朗読する俳優を決められるコースもある。予約は6月4日10:00から受け付けられる。そのほか詳細は公式サイトで確認を。

※「ふじのくに→せかい演劇祭2020」「くものうえ↑せかい演劇祭2020」の「→」ならびに「↑」は、各方向への相互矢印が正式表記。

この記事の画像(全2件)

「でんわ de 名作劇場」

2020年6月6日(土)~8月31日(月)11:00~ / 13:00~ / 15:00~ / 17:00~
※6月17日(水)、7月8日(水)は休業。

出演(五十音順):赤松直美、阿部一徳、泉陽二、大内智美、春日井一平、木内琴子、貴島豪、佐藤ゆず、鈴木陽代、鈴木真理子、関根淳子、たきいみき、舘野百代、ながいさやこ、坂東芙三次、布施安寿香、本多麻紀、美加理、宮城嶋遥加、吉植荘一郎

関連記事

SPACのほかの記事

リンク