U35創造支援プログラム“KIPPU”に、チェリスト・中川裕貴の新作が登場

57

中川裕貴「アウト、セーフ、フレーム」が7月31日から8月2日まで京都・ロームシアター京都 サウスホールにて上演される。

中川裕貴「アウト、セーフ、フレーム」メインビジュアル

中川裕貴「アウト、セーフ、フレーム」メインビジュアル

大きなサイズで見る

中川は、チェロを使用した作曲・演奏・演出活動を通して、“演奏という行為、そこから生まれる音、そして音が放たれる場所について思考 / 試行”を続けているアーティスト。本作「アウト、セーフ、フレーム」は、中川の新作コンサートとなる。出演者には中川のほか、菊池有里子、横山祥子、出村弘美、穐月萌、武内ももが名を連ねた。チケットは6月5日に一般発売を開始。

なお本公演は、ロームシアター京都が京都芸術センターと協働する創造支援プログラム“KIPPU”内の1作品として上演される。

ロームシアター京都×京都芸術センター U35創造支援プログラム“KIPPU” 中川裕貴「アウト、セーフ、フレーム」

2020年7月31日(金)~8月2日(日)
京都府 ロームシアター京都 サウスホール

作曲・演奏・演出:中川裕貴
出演:中川裕貴、菊池有里子、横山祥子、出村弘美、穐月萌、武内もも

関連記事

リンク