NTLiveがYouTubeで映像配信、「ナショナル・シアター・アット・ホーム」が始動

1449

明日4月2日より「ナショナル・シアター・ライブ(NTLive)」で上映された過去作品が、英国ナショナル・シアターのYouTubeチャンネルにて配信される。

「一人の男と二人の主人」より。(c)Johan Persson

「一人の男と二人の主人」より。(c)Johan Persson

大きなサイズで見る(全3件)

「宝島」より。(c)Johan Persson

「宝島」より。(c)Johan Persson

NTLiveは、2009年より同劇場ほかで上演された舞台作品を世界中の映画館で上映しているプロジェクト。日本でも2014年の「フランケンシュタイン」上映以降、さまざまな作品が公開されてきた。このたび、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ウエストエンドの劇場が一定期間封鎖されたことを受け、NTLiveで上映された過去の人気作品が「ナショナル・シアター・アット・ホーム」としてYouTubeで配信される。

現在ラインナップされているのは4作品。リチャード・ビーン作、ニコラス・ハイトナー演出でジェームズ・コーデンが主演を務めた「一人の男と二人の主人」、シャーロット・ブロンテの代表作を舞台化した「ジェーン・エア」、ロバート・ルイス・スティーヴンソンによる冒険譚をポリー・フィンドレーの演出でダイナミックに立ち上げた「宝島」、女優のタムシン・グレイグが執事“マルヴォーリア”に扮したシェイクスピアの喜劇「十二夜」だ。

日本では「宝島」が2015年、「一人の男と二人の主人」が2017年に上映され、以降アンコール上映も行われたが、「ジェーン・エア」と「十二夜」は未公開。配信は現地時間の毎週木曜日19:00より。視聴は無料で、1週間限定で公開される。なお同劇場は政府の要請を受け、6月30日までの閉館、公演中止を決定。今後の発表にも注目しよう。

この記事の画像・動画(全3件)

「ナショナル・シアター・アット・ホーム」ラインナップ

「一人の男と二人の主人」

2020年4月2日(木)19:00~(日本時間、4月2日27:00~)
作:リチャード・ビーン
演出:ニコラス・ハイトナー
出演:ジェームズ・コーデントム・エデン ほか

「ジェーン・エア」

2020年4月9日(木)19:00~(日本時間、4月9日27:00~)
作:シャーロット・ブロンテ
出演:マデリン・ウォール ほか

「宝島」

2020年4月16日(木)19:00~(日本時間、4月16日27:00~)
作:ロバート・ルイス・スティーヴンソン
演出:ポリー・フィンドレー
出演:パッツィー・フェランアーサー・ダーヴィル ほか

「十二夜」

2020年4月23日(木)19:00~(日本時間、4月23日27:00~)
作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:サイモン・ゴドウィン
出演:タムシン・グレイグ、ダニエル・リグビー、タマラ・ローレンス ほか

関連記事

リンク