ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

KABUKI×OPERA「光の王」に海老蔵「“思いを切る”ほど思い切る」

46

市川海老蔵

市川海老蔵

4月18日に東京・東京体育館で上演される「KABUKI×OPERA『光の王』Presented by ENEOS」の記者会見が本日1月29日、東京・東京国際フォーラムにて行われた。会見には市川海老蔵、JXTGエネルギーの中原俊也取締役常務執行役員、東京2020組織委員会の古宮正章副事務総長が登壇した。

本作は、東京2020 Nipponフェスティバルの主催プログラムとして行われる4プログラムのうちの1つ。同フェスティバルは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)の公式文化プログラムで、日本文化をさまざまな“挑戦”の形で国内外に発信し、大会に向けた“期待感”を高めることを目的に、3月下旬から9月にかけて実施される。「KABUKI×OPERA『光の王』」では出演の海老蔵、ソプラノ歌手のアンナ・ピロッツィ、バス・バリトン歌手のアーウィン・シュロットに加え、今後さらなるキャストが発表される予定だ。

作品で描くのは、善と悪の対立。歌舞伎のさまざまな演目をベースとしながら、日本人にもなじみ深いオペラ楽曲に乗せて歌やダンス、立ち廻りなどが展開される。海老蔵は「歌舞伎とオペラ、そしてさまざまな人と“挑戦”できる機会を与えていただいたことに感謝したい」とし、「父(十二代目市川團十郎)が歌舞伎をオペラとして演出していて(「鳴神 / 俊寛」)。オペラは歌舞伎と発祥の時期も近く、歌舞伎に近い感覚がありますね。私もオペラの方と共演させていただいておりますが、今回、オペラの方のものすごい声量を計算に入れて作れるのが楽しみ」と意欲を見せる。また、「本作が海老蔵としては、ほぼ最後の舞台。“思いを切る”くらい思いっ切り海老蔵として勤めたい」と決意を明かした。

本公演が東京2020大会に先駆けて行われる組織委員会のイベントであるため、「非常に重要な役割。大会に向けて日本の皆さんの気持ちが高まるようなエネルギーになることが願い」と語った。ちなみにオリンピック競技については「全部興味がある。幸いなことに時差がないので、できることなら全部観たい」と述べ、会見を締めくくった。

公演チケットはチケットぴあ専用ウェブサイトにて、2月14日10:00から24日23:59(予定)まで抽選販売され、3月7日から17日まで一般販売予定だ。

「KABUKI×OPERA『光の王』Presented by ENEOS」

2020年4月18日(土)17:00~(予定)
東京都 東京体育館

演出:藤間勘十郎
指揮:ジョルディ・ベルナセル
出演:市川海老蔵、アンナ・ピロッツィ、アーウィン・シュロット ほか
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団

ステージナタリーをフォロー