ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

高木俊は「脱ぎます」、猪野広樹らの「PERSONA5」東京公演開幕

1006

「PERSONA5 the Stage」より。

「PERSONA5 the Stage」より。

「PERSONA5 the Stage」の東京公演が、昨日12月19日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕した。

脚本・演出を西森英行が手がける本作は、アトラスのジュブナイルRPG「ペルソナ5」の舞台化作品。12月13日から15日までは大阪公演が実施された。東京公演開幕を前に行われた会見には、キャストたちが出席。主人公を演じる猪野広樹は、「エンタテインメントではありますが、演出の西森さんが『地に足がついたお芝居も楽しんでもらいたい』とおっしゃっていたので、それを意識してやりたいと思います。大人への反逆の意思を持ったキャラクターが抱える思いや、その思いがどう爆発していくかを大切に演じているので、観ていただけたら」とコメントした。

坂本竜司役の塩田康平は「絆が強くなることを、原作では“コープランクが上がる”といいます。役同士の関係が深まるシーンで『あ、今この2人のコープが上がった!』と気付いていただけると思うので、ぜひ注目してください」とアピールし、御寺ゆきは「高巻杏ちゃん役が御寺ゆきでよかったな、と思ってもらえるようにがんばります」と意気込む。

明智吾郎役の佐々木喜英は、原作ゲームで作曲を手がけた喜多條敦志が舞台版に6曲を提供しており、うち2曲を自身が歌うことに触れ、「久しぶりに舞台で歌えるのが楽しみです。魂を込めた歌声を聴いていただけたら」とコメントする。さらに体脂肪率を8%まで落としたと明かすのは、鴨志田卓の高木俊。高木は「大阪公演も終わって噂を聞いた方もいるかもしれませんが……脱ぎます(笑)」と話し、「悪役ですが、皆さんで一緒に鴨志田パレスを盛り上げていきましょう!」と観客にメッセージを送った。

東京公演は12月29日まで行われ、29日17:00回の千秋楽では、日本全国と香港、台湾の映画館でライブビューイングを実施。また本作のBlu-ray / DVDが、4月1日に発売されることも決定している。

「PERSONA5 the Stage」

2019年12月13日(金)~15日(日)※公演終了
大阪府 メルパルクホール

2019年12月19日(木)~29日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

原作:アトラス「ペルソナ5」
脚本・演出:西森英行

キャスト

主人公:猪野広樹

坂本竜司:塩田康平
高巻杏:御寺ゆき

明智吾郎:佐々木喜英
喜多川祐介:小南光司
新島冴:茉莉邑薫
三島由輝:糠信泰州
鈴井志帆:早乙女ゆう
校長:山岸拓生
斑目一流斎:高松潤
鴨志田卓:高木俊
モルガナ:大谷育江(声の出演)
ほか

※高木俊の「高」ははしごだかが正式表記。

(c)ATLUS (c)SEGA (c)SEGA/PERSONA5 the Stage Project

ステージナタリーをフォロー