ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「ビッグ・フィッシュ」装い新たに開幕、川平慈英「癒しのパワースポットに」

648

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」囲み取材より、左からROLLY、夢咲ねね、浦井健治、川平慈英、霧矢大夢、藤井隆。

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」囲み取材より、左からROLLY、夢咲ねね、浦井健治、川平慈英、霧矢大夢、藤井隆。

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」が、本日11月1日に東京・シアタークリエで開幕する。初日に先駆け昨日10月31日、囲み取材が実施された。

本作はティム・バートン監督による映画「ビッグ・フィッシュ」をもとにしたミュージカル。2017年には白井晃の演出により東京・日生劇場で日本初演が行われ、今回は出演者を12人に絞った「12chairs version」として上演される。

囲み取材には、いずれも初演版から続投となる川平慈英浦井健治霧矢大夢夢咲ねね藤井隆ROLLYが出席。エドワード役の川平は「より濃密な空間で、最高の仲間と一緒に初日が開けられるのが光栄です」と感慨を語る。エドワードの息子・ウィル役の浦井は、今回の上演版では親子の関係を歌った新たなナンバーが加わったことに触れ、「演出の白井さんが、その場面を演劇的に仕上げてくださいました。エドワードとウィルの間には亀裂が入っていますが、だからこそ生まれ出る何かを感じていただけるのでは」と言葉に力を込めた。

エドワードの妻でウィルの母であるサンドラを演じる霧矢は、「愛する家族や仲間たちと再会できて幸せ」と共演者に視線を送り、「この幸せと喜びを客席の皆様にお届けしたい」と意気込みを語る。ウィルの妻・ジョセフィーン役の夢咲は、再演の喜びを口にしつつ「初演とはまた違う作品に生まれ変わったので、たくさん観ていただきたい」と呼びかけた。

「ぜひ再々演をやれたらなと」と早くも3回目の上演への期待をのぞかせるのは、エドワードの幼なじみドン・プライス役を担当する藤井。座組の雰囲気を尋ねられた藤井は、「いかんせん平均年齢が高いので(笑)、みんなで体のケアの情報を共有しています」と冗談交じりにコメントする。またエーモス役のROLLYは「この『ビッグ・フィッシュ』はあなたの物語です!」と声を大にし、「この作品を観ると、きっと人生が変わると思います」と思いを口にした。

今回の「12chairs version」ならではの見どころについて、川平は自分以外の出演者が複数の役を務めることに触れて「ありがたみ満載のステージになりました。特に霧矢さんの“豹変”がすごい!」とコメント。これを受けた藤井は「ヒントは『退団後、初の……』です! ファンの方はぜひお楽しみに」と期待を煽る。さらに藤井はドン・プライス役以外に“水の流れ”を演じると言い、「概念を演じられるというのは、舞台の醍醐味ですよね」と淡々とコメントして報道陣の笑いを誘った。

最後に川平は「この作品では、生きる喜びや人に愛情を注ぐ大切さを改めて感じられます。ラストでは、(舞台が)癒しのハッピーエナジー溢れる“パワースポット”になりますので、劇場でぜひ僕らと幸せを共有してください!」と挨拶。さらに川平は浦井と共に「よろしくー!!」と親指を立て、会見場をあとにした。

上演時間は休憩20分を含む約2時間40分。公演は11月28日までシアタークリエで行われる。

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」

2019年11月1日(金)~28日(木)
東京都 シアタークリエ

脚本:ジョン・オーガスト
音楽・詞:アンドリュー・リッパ
演出:白井晃
出演:川平慈英浦井健治霧矢大夢夢咲ねね / 藤井隆JKim深水元基、佐田照(Wキャスト)、佐藤誠悟(Wキャスト)、東山光明小林由佳鈴木蘭々ROLLY

ステージナタリーをフォロー