ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

落語パート設けた朗読劇「寄席から始まる恋噺」16人が日替わり出演

1535

朗読劇「寄席から始まる恋噺」が、10月31日から11月3日まで東京・三越劇場で上演される。

「寄席から始まる恋噺」は、落語パートを設けた朗読劇で、劇中では「宮戸川」「幾代餅」「たち切れ」といった古典落語が披露される。脚本を上條大輔、演出を大森博、落語監修を立川志ら乃が担当する本作には、総勢16人の俳優・声優が日替わりで出演。10月31日公演には鈴木裕樹健人小澤雄太鈴木裕斗、11月1日公演には高崎翔太北村諒小松準弥、大須賀純、2日公演には鷲尾修斗宇野結也帆世雄一神尾晋一郎、3日公演には溝口琢矢納谷健五十嵐雅永塚拓馬が登場する。

バラ色のキャンパスライフを夢見ていた松岡、斉藤、二宮の3人は、たった半年で大学生活に行き詰まってしまう。そんなある日、3人はキャンパス内で、和服を着た怪しい男・北瀬に「パッとしない大学生活を挽回するには、落研に入り、高座に上がるしかない」と声をかけられ……。

チケットの先行販売は本日10月10日12:00に開始され、一般販売は19日12:00にスタート。

朗読劇「寄席から始まる恋噺」

2019年10月31日(木)~11月3日(日・祝)
東京都 三越劇場

脚本:上條大輔
演出:大森博
落語監修:立川志ら乃

出演

10月31日:鈴木裕樹健人小澤雄太鈴木裕斗
11月1日:高崎翔太北村諒小松準弥、大須賀純
11月2日:鷲尾修斗宇野結也帆世雄一神尾晋一郎
11月3日:溝口琢矢納谷健五十嵐雅永塚拓馬

(c)ポリゴンマジック

ステージナタリーをフォロー