テーマは“小さな声は届くのかどうか”、海外拠点のアーティストによる「GRENZE」

51

「GRENZE 小さな声は届くはずがあるか?」が、8月23日に東京・BUoYで上演される。

「GRENZE 小さな声は届くはずがあるか?」チラシ表

「GRENZE 小さな声は届くはずがあるか?」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

GRENZEは、ドイツ・ベルリンを拠点に活動する美術セットデザイナーのクラミカコと、イギリス・ロンドンとベルリンを中心に活動するダンサー・振付師のMISA KOIDEによる共同プロジェクト。今年3月にベルリンで第1回公演を行い、2作目となる今作では、“小さな声は届くのかどうか”をテーマに作品を立ち上げる。上演時間は約40分を予定。

この記事の画像(全2件)

「GRENZE 小さな声は届くはずがあるか?」

2019年8月23日(金)
東京都 BUoY

舞台デザイン・作・構成:クラミカコ
ダンス・振付・作・構成:MISA KOIDE

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします