ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

アフレコ現場で繰り広げる人間ドラマ、大歳倫弘演出「本番です!」開幕

31

「Voice-Stage『本番です!』」より。左から牧野由依、太田将熙、麻生かほ里、小倉久寛。

「Voice-Stage『本番です!』」より。左から牧野由依、太田将熙、麻生かほ里、小倉久寛。

「Voice-Stage『本番です!』」が、昨日7月25日に東京の恵比寿・エコー劇場で開幕。これに先駆け、同日に公開ゲネプロと取材会が行われた。

脚本を吉井三奈子、演出をヨーロッパ企画の大歳倫弘が手がける本作は、たった3人で数作品の収録をしなくてはならなくなったアフレコ現場を描くコメディ。出演者には小倉久寛麻生かほ里牧野由依太田将熙が名を連ねた。

小倉は開幕に際し、「なかなか見ることのできないアフレコ現場。そこで織りなされる人間ドラマも魅力の作品。新しいタイプの芝居で、キャストが歌ったり声をキーにした見どころも沢山ある。楽しみにしてほしい」と観客にメッセージを送り、続く麻生は「声を届けること、お芝居を届けること、が合わさった作品。それを皆さんに楽しんでいただきたい。公演期間はあっという間に終わると思うので、ひとつひとつ大事に作りたい」と意気込みを述べた。

「新しい試みの作品をお客様がどう感じていただけるかが楽しみ」と語る牧野は、「キャストの素敵な部分をみてもらえるよう頑張る」と気合十分な様子を見せ、太田は「Voice-Stageという冠が付く新感覚のこの作品を、まだまだ本番中も磨いて良いものにしていきたい」と意気込んだ。公演は7月28日まで。

「Voice-Stage『本番です!』」

2019年7月25日(木)~28日(日)
東京都 恵比寿・エコー劇場

脚本:吉井三奈子
演出:大歳倫弘
出演:小倉久寛麻生かほ里牧野由依太田将熙

ステージナタリーをフォロー